アウトドア

簡単!!メスティンでおいしくご飯を炊く方法を紹介-自動炊飯で失敗なし

缶詰とゆでたまご

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

「キャンプでは自動炊飯が楽だね」
そんなことを周りのキャンパーから聞きますし、自分もこれには同感です。

とはいえ、

えりちゃん

そもそもキャンプでご飯の炊き方がわからんよ

という方も多いかと思います。

そこで、今回はキャンプ初心者でありながら、一度も失敗していない自分が、メスティンの自動炊飯を紹介します。

メスティンの自動炊飯ポイント
  1. 炊く前にしっかりと吸水させる(最低30分間)
  2. 固形燃料を使ってほったらかし炊飯
  3. 炊きあがったら逆さまにしてタオルでくるみ蒸らす

順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

気軽に読めますし、どなたでも作れますので、ぜひ参考にしてみてください。

たかじー

ほったらかしで失敗なし

メスティンでおいしいご飯を炊く(1合)

調理していく

リビングでつくるのですが、気分をあげるためキャプテンスタッグのテーブルを出してみました。

今回使うトランギアメスティン(TR-210)は、ソロキャンプなどでよく利用されるクッカーですね。

トランギアのメスティンについてはこちらのブログで書いています。

水の量と吸水について

給水させる

メスティンでおいしいごはんを炊くには、しっかりと吸水させる必要があります。

このまま最低30分間は放置しましょう。長くてダメなことはないです。

キャンプなどのときは、ジップロックやタッパにお米と水をいれて、移動中に吸水というのが手軽かな。

ボッチの真ん中

1合炊きの水分量は、このボッチの真ん中あたりです。

たかじー

ボッチの名称はリベットと言うらしい。

固形燃料でほったらかし自動炊飯

蓋の上で缶詰を温める

固形燃料ストーブは、ロゴスのマイクロステンコンロです。

エスビットが一般的な気がしますが、ロゴスのデザインが気に入ったのでこちらを購入。

かわいいやつで、ソロキャンプなんかには、利用勝手がよさそうなギア。

たかじー

アウトドアだと固形燃料の火が安定するように風よけで囲んだらよかよ

横から

メスティンのスモールがバランスよくのります。固形燃料に火をつけたらこのまま放置。

フタのうえにものを乗せると、同時に温めることもできるのでおすすめです。

レトルト商品と炊飯を同時にできますよ。

たかじー

背景のアウトドア感が皆無だな

逆さまにして蒸らす

ひっくり返して蒸らす

固形燃料の火が消えたら炊飯終わりです。ほんと、ほったらかしで炊きあがるんですよ。

ごはんをおいしくするために蒸らしをするんですが、メスティンを逆さまにしてからタオルでくるみます。

たかじー

30分ほど放置かな

タオルでくるむのは冷めないようにするためなので、ほかの方法で保温できる状態オッケー。よくみかけるのは温度を保つバック。

メスティンごはんをいなばのチキンとインドカレーで実食

蒸らしおわったのでフタをあけてみましょう。

蒸らしたあとはこんな感じ

つやっつやのきれいなごはんができています。放置しているだけなので失敗知らず。

まずはそのまま食べましたが、ふっくらと炊きあがったおいしいごはんでした。

個人的にはもうちょいかためが好みなので、炊きあがりの調整は水分量で必要そうです。

お肉も追加

さて、フタのうえで温めたカレーをかけて、キャンプ飯の代表メニューをいただきます。

ゆでたまごは冷蔵庫にあったので乗せ、お肉がほしいいなと、さらにファミマのグリルチキンも追加したら豪勢な昼食に。

おいしく炊けたごはんなので、もちろんカレーにしてもおいしくいただけました。

たかじー

このときが初の自動炊飯やったけど、なんの困りごともなかったな

缶詰はアツアツというレベルまでは温まりませんでした。熱々にしたい方は別途温めましょう。

まとめ

メスティンでごはんを炊くポイントのおさらい。

メスティンの自動炊飯ポイント
  1. 炊く前にしっかりと吸水させる(最低30分間)
  2. 固形燃料を使ってほったらかし炊飯
  3. 炊きあがったら逆さまにしてタオルでくるみ蒸らす

ちゃんとポイントを守れば、どなたでも失敗することなく、おいしいごはんを炊くことができます。

固形燃料が優秀すぎて、久しぶりに感動してしまいましたよ。

メスティンの自動炊飯は、初心者こそやるべき炊飯テクニックですね。

自分と同じ初心者のキャンプライフの参考になったらうれしいです。

今回使ったキャンプギアはこんな感じ。

たかじー

これからは、メスティン料理のレシピ増やしていくよー

最後まで読んでいただきありがとうございました!

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!