はじめる前に要チェック!つみたてNISAの基本から商品の選び方まで解説

つみたてNISA

自分が投資をはじめるきっかけとなったのは、
つみたてNISAの存在を知ったからでした。

えりちゃん
えりちゃん

たかじーから言われて、
わたしも始めたもんねー。

たかじー
たかじー

毎月自動で積み立てていけるのがいいよね。

夫婦とも投資をしたことがありませんでしたが、
子どものことや将来のことを考えたときに、
生活防衛資金以外は投資も必要だなとはじめました。

いまは税が優遇される投資に関する制度として、

  • つみたてNISA
  • iDeCo(イデコ)

がありますが、
iDeCoは年金のため資金が拘束されるので、
まず、投資をはじめるならつみたてNISAがおすすめです。

  • つみたてNISAってなに?
  • 商品がたくさんあってわからない
  • なにを選んだらいいの?

そんな疑問があるかたにむけて、
つみたてNISAについて説明したいと思います。
これからつみたてNISAを始められるかたの
参考になれるとうれしいです。

by たかじー(@takag_caelum)

この記事のポイント
  • つみたてNISAがどんな制度かわかります。
  • 投資信託の選び方がわかります。
  • ぼったくり商品を避けられるようになります。
スポンサーリンク

つみたてNISAとは

つみたてNISAは2018年からはじまった
税制の優遇された投資の制度です。
大事なポイントとしてはこちらの4つ。

  1. 非課税となる期間は最長20年間
  2. 年間投資上限は40万円
  3. 積立による買い付け
  4. 投資対象は条件を満たす投資信託など

NISAは

  • つみたてNISA
  • NISA
  • ジュニアNISA

の3種類があります。
ジュニアNISAは子ども用なので、
つみたてNISAとNISAの制度の比較をしてみましょう。

つみたてNISANISA
最大期間20年5年
非課税枠(年間)40万円120万円
非課税枠(総額)800万円600万円
節税メリット運用で得た利益は非課税 運用で得た利益は非課税
投資対象 国が定めた基準を満たす投資信託 国内株式・海外株式・投資信託
投資方法 積み立て 制限なし
運用可能期間 2037年まで 2023年まで
出金自由自由
向いているひとコツコツと資産を増やしたいひと 短期間で儲けを狙いたいひと

自分がつみたてNISAを選んだ理由は3つあります。

  • 年間投資額は40万円で十分
  • 長期資産運用を予定している
  • 金融庁が定めた基準を満たす投資対象商品
たかじー
たかじー

年120万の投資できるほどの余裕ないけんね。
それに、投資家とかでないのであれば、
長期の積立投資のほうがおすすめ。

自身の環境によって、
どちらのほうがよさそうなのか、
検討してみてください。

スポンサーリンク

投資信託とは

つみたてNISAで投資できるのは、
投資信託のみとなります。

ちなみに、投資商品で有名なところだと、

  • 債券
  • 不動産

こんなものがありますね。
それぞれ個別で投資しようとすると、
それなりのお金が必要になります。

それに分散投資として考えると、
かなりのお金が必要になってしまいます。

投資信託は、色んなひとからお金を集め、
そのお金でさまざまな投資商品を購入します。

購入額はかなり安く、
そのうえ、自然と分散投資ができるようになります。

たかじー
たかじー

投資信託は、色んな投資商品がパッケージされたもの。
単品ではなく定食みたいな感じ。

投資信託はそれぞれの目的や
運用の特徴があるので
自分に合ったものを探しましょう。

スポンサーリンク

つみたてNISAでの投資信託の選び方

商品が一定の条件で絞られてはいますが、
なかには「ん?」と思えるものも。
まずはここらへんをポイントに見てみましょう。

  • 手数料の相場を知る
  • 毎月分配型は選ばない
  • インデックスファンドを選ぶ
  • 何に投資しているのか知る
  • 期待利回りの相場を知る

細かくは別の記事に書いていますので、
そちらを参考にしいてください。

ここでは簡単にまとめてしまうと、
上記ポイントの理由がこちら。

  • 手数料が高いと自分の資産が減る
  • 毎月分配は儲けがなくても分配される
  • アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない
  • 自分がわからないものには投資しない
  • 利回りが異様に高いのはおかしい商品
たかじー
たかじー

投資をはじめてから知ったんやけど、
ぼったくり商品が多い。
みんな騙されないようにしよう。

スポンサーリンク

つみたてNISAの気になる点

いくつか質問されたりするけん、
こちらに回答させてもらいますね。

損をすることはないの?

ちゃんとした商品を
長期運用した場合に、
損をするリスクは低いと思います。

楽天証券の積立かんたんシミュレーション
どのくらいのものか計算してみましょう。

つみたてNISAだと月額マックスで
33,000円投資できるので、
仮に月に30,000円を20年間、
リターン5%で計算すると、

シミュレーション

元本720万円が1,233万円に。
リターン5%は過去のデータから、
そこまで無理な数値じゃありません。

リターンを低めに3%で計算してみると、

シミュレーション

元本720万で、984万円になります。
これが長期資産運用の複利のちからですね。

まあ、だから損しないかと言われるとあれですけどね。

積立額の変更はできるの?

変更可能です。
金融機関によってタイミングは異なるようなので、
確認しておく必要はありそうですね。

積立を休止することはできるの?

こちらも可能なところが多いと思います。
証券会社によってやりかたは異なりますが、
長期での資産運用になるので、
経済状況が変化しても安心です。
念のため自分の証券会社にあらかじめ確認しておきましょう。

積立商品はいつ売却できるの?

iDeCoと混同してしまいますが、
いつでも売却可能なので、
こどもの教育資金に使いたいなど、
ライフプランに合わせて運用できます。

スポンサーリンク

私が選んでいる「つみたてNISA」の商品は

楽天・全米株式インデックスファンド
(楽天VTI/楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
こちらに100%で積み立てています。

以前は国内のTOPIX連動のものと
50%で投資していましたけどね。

「分散しなくていいの?」と言われそうですが、
つみたてNISA以外の投資もしているので、
全体ポートフォリオをみての100%投資になります。

個別の投資信託商品については、
また別記事で書いていきたいと思います。

たかじー
たかじー

基本的に選ぶなら、
全米、全世界、先進国の株式はおすすめ。

スポンサーリンク

まとめ

つみたてNISAは税制が優遇された制度。
長期の資産運用を強力にフォローしてくれる
そんなうれしいやつですね。

短期的に儲けようというものではなく、
長期運用することによって、
資産をゆっくりと大きくしてくれます。

ただし、変な商品に手を出すと資産を減らすことも。
まずはしっかりと学んで自分なりの運用を決めましょう。

なら、またね~

コメント

  1. […] 関連記事:はじめる前に要チェック!つみたてNISAのおすすめ商品選び […]

  2. […] はじめる前に要チェック!つみたてNISAの基本から商品の選び方まで解説自分が投資をはじめるきっかけとなったのは、つみたてNISAの存在を知ったからでした。えりちゃんたかちゃんか […]

  3. […] はじめる前に要チェック!つみたてNISAの基本から商品の選び方まで解説自分が投資をはじめるきっかけとなったのは、つみたてNISAの存在を知ったからでした。えりちゃんたかちゃんか […]

  4. […] はじめる前に要チェック!つみたてNISAの基本から商品の選び方まで解説自分が投資をはじめるきっかけとなったのは、つみたてNISAの存在を知ったからでした。えりちゃんたかじーから […]

  5. […] はじめる前に要チェック!つみたてNISAの基本から商品の選び方まで解説自分が投資をはじめるきっかけとなったのは、つみたてNISAの存在を知ったからでした。えりちゃんたかじーから […]

  6. […] はじめる前に要チェック!つみたてNISAの基本から商品の選び方まで解説自分が投資をはじめるきっかけとなったのは、つみたてNISAの存在を知ったからでした。えりちゃんたかじーから […]

  7. […] はじめる前に要チェック!つみたてNISAの基本から商品の選び方まで解説自分が投資をはじめるきっかけとなったのは、つみたてNISAの存在を知ったからでした。えりちゃんたかじーから […]

タイトルとURLをコピーしました