沖縄そば

沖縄・金武「嘉海食堂(よしみしょくどう)」の野菜そばと屋嘉じゅーしー

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm)です!

金武町にある「嘉海食堂(よしみしょくどう)」に、家族でランチしてきました。

恩納村に宿泊するので、普段行かないところを探していてみつけた食堂です。

2018年にオープンと食堂としては若手の部類にはいるのでしょうかね。

それでも地元人気でたくさんの方が、食べに着ていましたよ。

えりちゃん

ここの食堂はヒットやったね

たかじー

今度、違う料理も食べたいもんね

嘉海食堂(よしみしょくどう)へのアクセス情報

沖縄本島の東側、329号線を北上していると右手にお店があります。

通り沿いなので、わかりやすいですが、金武町自体に土地勘ない方は、マップを参考にしてくださいね。

嘉海食堂の店舗情報とメニュー

外観はTHE沖縄って雰囲気の建物ですね。

建物自体の年季は感じますが、お店自体は2018年から。

なかに入ると、カウンター席とテーブル席がありました。

満席だったので少し待ってから、座敷席の方に案内されましたよ。

さっそく、メニューの方をチェックしてみましょうか。

煮付けが有名なようですが、気分は完全に沖縄そば。普通に定食メニューなんかもありますね。

  • 嘉海そば 850円
  • てびち煮付 900円
  • 塩軟骨ソーキそば 大780円/中730円
  • 野菜そば 720円
  • 嘉海カレー 680円
  • かつ丼 780円

沖縄そばをトッピングで楽しむ

まずは、子供にシンプルな「沖縄そば(小530円)」を注文。

三枚肉とかまぼこでシンプルな感じですね。

こちらは、見た目が三枚肉っぽくないですが、こちらも三枚肉だったのだろうか。

三枚肉とかまぼこでシンプルな感じですね。

スープだけ一口もらいましたが、シンプルな定番の味という感じ。

こちらはえりちゃん注文の「塩軟骨ソーキそば(中730円)」です。

塩軟骨ソーキの見た目がめちゃくちゃ美味しそう。

そもそも、自分は塩軟骨ソーキ食べたことないなと気付きました。

こちらも気になったので、ひとくちもらいましたが軟骨がめちゃくちゃプルプルしていて、口のなかでとけていきました。

シンプルな塩味がちゃんとしていて、これはこれで美味しいんだなと発見。

たかじー

これからは塩軟骨ソーキもチェックしてみよ

卵焼きもあって、かなり満足できる一杯となっていますね。

えりちゃん

シンプルなのに、ちゃんと美味しかった

そして、自分は「野菜そば(小530円)」と「屋嘉じゅーしー(200円)」を注文。

小でもしっかりと野菜が乗ってきていて、かなりボリューミー。

やっぱり野菜そばが好きなんだなと、こちらを見ながら改めて思いました。

さて、スープですが、野菜炒めの油などが混ざり、ほかの沖縄そばと比べて、色も少し雰囲気が違いますね。

飲んでみると、この野菜の旨味とコショウがきいたスープがめちゃくちゃうまい!このジャンク感好みだな。

野菜もしゃきしゃきしていて、この触感が麺と相性がいいですよ。

嘉海食堂の沖縄そばは、麺は少し細めで軽く縮れている感じかな。

野菜と一緒に食べると、食感のコントラストがいい感じで、もりもりと食べられます。

そして、見た目が完全に自分の知っているじゅーしーとは違う「屋嘉じゅーしー」。

豚、ヒジキ、ニンジン、いりこ、ベーコン、グリーンピース、コーンと具だくさんで、それぞれの味をお味噌がまとめた珍しいじゅーしー。

これはね、一度食べてみてほしいな。

味変には紅生姜がぴったりでした。コショウが効いていたので、少しだけいれると、雰囲気も変わっていい感じ。

それと、沖縄そばにはおからもついてきましたよ。

ボリュームありましたが、美味しかったので、しっかりと完食。

まとめ

「嘉海食堂(よしみしょくどう)」のご紹介いかがでしたでしょうか。

今回は家族で沖縄そばを楽しむ感じになりましたが、それぞれ違いがあっておもしろかったですし、どれも美味しかったですよ。

屋嘉じゅーしーという珍しいものも食べられて満足です。

金武町なので気軽に行けませんが、次回はてびちを食べてみたいなと思っています。

えりちゃん

いいお店やったね

たかじー

もう少し近くにあれば、うれしいのにね

なら、またね~

店名嘉海食堂(よしみしょくどう)
ジャンル食堂・定食・沖縄そば
住所沖縄県国頭郡金武町字屋嘉2330-16
営業時間火〜金 10:45〜16:00
土・日・祝 10:45〜18:00
定休日月曜
喫煙完全禁煙

※最新の情報とは異なるかもしれませんので、お店の方にご確認ください。

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm)です!

金武町にある「嘉海食堂(よしみしょくどう)」に、家族でランチしてきました。

恩納村に宿泊するので、普段行かないところを探していてみつけた食堂です。

2018年にオープンと食堂としては若手の部類にはいるのでしょうかね。

それでも地元人気でたくさんの方が、食べに着ていましたよ。

えりちゃん

ここの食堂はヒットやったね

たかじー

今度、違う料理も食べたいもんね

嘉海食堂(よしみしょくどう)へのアクセス情報

沖縄本島の東側、329号線を北上していると右手にお店があります。

通り沿いなので、わかりやすいですが、金武町自体に土地勘ない方は、マップを参考にしてくださいね。

嘉海食堂の店舗情報とメニュー

外観はTHE沖縄って雰囲気の建物ですね。

建物自体の年季は感じますが、お店自体は2018年から。

なかに入ると、カウンター席とテーブル席がありました。

満席だったので少し待ってから、座敷席の方に案内されましたよ。

さっそく、メニューの方をチェックしてみましょうか。

煮付けが有名なようですが、気分は完全に沖縄そば。普通に定食メニューなんかもありますね。

  • 嘉海そば 850円
  • てびち煮付 900円
  • 塩軟骨ソーキそば 大780円/中730円
  • 野菜そば 720円
  • 嘉海カレー 680円
  • かつ丼 780円

沖縄そばをトッピングで楽しむ

まずは、子供にシンプルな「沖縄そば(小530円)」を注文。

三枚肉とかまぼこでシンプルな感じですね。

こちらは、見た目が三枚肉っぽくないですが、こちらも三枚肉だったのだろうか。

三枚肉とかまぼこでシンプルな感じですね。

スープだけ一口もらいましたが、シンプルな定番の味という感じ。

こちらはえりちゃん注文の「塩軟骨ソーキそば(中730円)」です。

塩軟骨ソーキの見た目がめちゃくちゃ美味しそう。

そもそも、自分は塩軟骨ソーキ食べたことないなと気付きました。

こちらも気になったので、ひとくちもらいましたが軟骨がめちゃくちゃプルプルしていて、口のなかでとけていきました。

シンプルな塩味がちゃんとしていて、これはこれで美味しいんだなと発見。

たかじー

これからは塩軟骨ソーキもチェックしてみよ

卵焼きもあって、かなり満足できる一杯となっていますね。

えりちゃん

シンプルなのに、ちゃんと美味しかった

そして、自分は「野菜そば(小530円)」と「屋嘉じゅーしー(200円)」を注文。

小でもしっかりと野菜が乗ってきていて、かなりボリューミー。

やっぱり野菜そばが好きなんだなと、こちらを見ながら改めて思いました。

さて、スープですが、野菜炒めの油などが混ざり、ほかの沖縄そばと比べて、色も少し雰囲気が違いますね。

飲んでみると、この野菜の旨味とコショウがきいたスープがめちゃくちゃうまい!このジャンク感好みだな。

野菜もしゃきしゃきしていて、この触感が麺と相性がいいですよ。

嘉海食堂の沖縄そばは、麺は少し細めで軽く縮れている感じかな。

野菜と一緒に食べると、食感のコントラストがいい感じで、もりもりと食べられます。

そして、見た目が完全に自分の知っているじゅーしーとは違う「屋嘉じゅーしー」。

豚、ヒジキ、ニンジン、いりこ、ベーコン、グリーンピース、コーンと具だくさんで、それぞれの味をお味噌がまとめた珍しいじゅーしー。

これはね、一度食べてみてほしいな。

味変には紅生姜がぴったりでした。コショウが効いていたので、少しだけいれると、雰囲気も変わっていい感じ。

それと、沖縄そばにはおからもついてきましたよ。

ボリュームありましたが、美味しかったので、しっかりと完食。

まとめ

「嘉海食堂(よしみしょくどう)」のご紹介いかがでしたでしょうか。

今回は家族で沖縄そばを楽しむ感じになりましたが、それぞれ違いがあっておもしろかったですし、どれも美味しかったですよ。

屋嘉じゅーしーという珍しいものも食べられて満足です。

金武町なので気軽に行けませんが、次回はてびちを食べてみたいなと思っています。

えりちゃん

いいお店やったね

たかじー

もう少し近くにあれば、うれしいのにね

なら、またね~

店名嘉海食堂(よしみしょくどう)
ジャンル食堂・定食・沖縄そば
住所沖縄県国頭郡金武町字屋嘉2330-16
営業時間火〜金 10:45〜16:00
土・日・祝 10:45〜18:00
定休日月曜
喫煙完全禁煙

※最新の情報とは異なるかもしれませんので、お店の方にご確認ください。

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴10年目の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!