<番外編・福岡>水炊き専門店「橙」の鍋に家族みんなが大ファンに。

鶏もも肉とスネ肉 禁煙グルメ

前回お店に行ってから
嫁さんが大ファンになってくれた
水炊き専門店の「橙」。

お店は禁煙やし、
つくりもきれいで清潔、
おいしい料理を食べられる環境がそこにはる。

福岡の水炊きのなかでも
トップレベルのおいしい鍋が食べられるので、
ぜひ行ってみてほいしいな。

by たかじー(@takag_caelum)

スポンサーリンク

橙へのアクセス

中心から少し離れた
大濠公園駅の近くにお店はある。
この立地も結構好きだったりする。

スポンサーリンク

鶏のうまみを存分に楽しめる水炊き

今回の福岡最終ご飯として、
行くことにした橙。
本当に美味しい鍋やったな。

橙の雰囲気

店内

店内はテーブルが少し変更したようで、
二人ようのテーブルができとった。

セットされた内容

テーブルには道具がすでにセッティング済み。
コンロの奥には子ども用の茶碗も用意してくれとった。

メニュー

メニューは変わらず水炊き専門。
水炊き意外は唐揚げのみ。

子ども用の椅子にも

通常の椅子にセッティングできる
子ども用の椅子もあるので、
家族で一緒に鍋を楽しめるのいいね。

鶏のうまみを鍋全体で楽しむ

お通しは鶏むね

まずはお通しから。
しっとりとした鶏むね肉と
濃厚な胡麻のソースがテンション上げてくれる。

今回はお冷飲んどったけど、
ビールとの相性も間違いないよ。

水炊きの始まり

お鍋がやってきたよー。
黄金色のスープに浮かぶ鶏肉。
クリアなスープには丁寧な仕事を感じるね。

まずは最初のスープ

まずはスープから。
上品な鶏のスープを楽しめる。
少し塩を入れたり、柚子胡椒入れるのもあり。

鶏もも肉とスネ肉

まずは鶏ももとスネ肉から。
プリップリでジューシーの鶏ももと
うまみが凝縮されたスネ肉。

スタートらしくパンチ力のあるお肉で
一気にテンションマックス。

唐揚げ

お肉を食べ終わったタイミングで、
はじめて頼んだ唐揚げが。
子どもも食べられるように山椒塩は別皿に。
ここらへんの気遣いできるサービスがうれしい。

お肉は大ぶりのむね肉なのに、
ぱさつくことなく火入れされていて
このお店のクオリティに驚くばかり。

手羽先

続いて手羽先が。
骨からツルンと取れる
ほろほろのお肉には優しい味がある。

ちなみに、ここはお店のひとが
鍋を調理してくれて取り分けてくれる。
つくねも手慣れた感じで鍋へと。

つくね

口溶けのよいつくねなのに
歯ごたえも感じてうまみがでてくる。

ぷりぷりのつくね

柚子胡椒をちょっとつけて食べてほしい。
幸せな気持ちになるけん。

2段階目のスープ

このタイミングで
スープを入れてくれる。
お肉からの出汁がでて、
濃厚なスープへと変化しとるね。

ささみと野菜

続いて、お野菜とささみ肉。
福岡の鍋はキャベツを使うんやけど、
この甘味がたまらんのよな。
ほかの野菜ももちろん甘みたっぷり。

最後のスープ

すべての具材が終わったタイミングで、
最後のスープを入れてくれる。
さっきまでの力強いスープとかわり、
野菜のうまみで優しいスープへと。

鍋を食べる間に、
こんなに味の変化が楽しめるなんて
やっぱり鍋ってすごいなと感動。

おなかいっぱいやけど、
福岡頻繁に来れるわけではないので、
雑炊で締めるよ。

雑炊

うままでの鍋の集大成。
この茶碗にうまみすべてが凝縮されて
おなかいっぱいなのに、おいしくてレンゲがすすむ。

ニラ醤油

雑炊を頼むとついてくる
ニラ醤油で味を変化させて楽しむことも。

ガツンと味変

ニラの力強さが、
雑炊と合わさって
全然違う表情になる。
これもまたウマい!!

スポンサーリンク

おわりに

10ヶ月ぶりぐらいに訪れた
水炊き専門店の「橙」。

今回ももちろん感動と、
幸せの気持ちで満足させてもらった。

水炊きの老舗というところではないけど、
ほんとうに美味しい鍋食べられるけん
福岡行ったらみんなに味わってもらいたい。

なら、またね~

店名
ジャンル 水炊き
住所 福岡県福岡市中央区大手門1-8-14
営業時間 12:00~22:00
定休日 日曜(月曜が祝日の場合、日曜営業で翌月曜休)
喫煙 完全禁煙

※最新の情報とは異なるかもしれませんので、お店の方にご確認ください。

水炊き / 大濠公園駅赤坂駅
昼総合点★★★★ 4.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました