モンテッソーリ教育 乳幼児期(0~6歳)

子育て

子どもが生まれて6ヶ月くらい経ったころ
モンテッソーリ教育というものを知り、
いろいろと勉強しているところである。

まだ思考錯誤しているなかで、
自分なりの整理をしていきたいと思う。

ちなみに、自分の子どもは
1歳の乳幼児期前期。

by たかじー(@takag_caelum)

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育とは?

はじまりを紹介すると、

・1907年(いつ)
・マリア・モンテッソーリ(だれが)
・イタリアのサン・ロレンツォ(どこで)
・スラム街に「子どもの家」を設立(なにをした)

になる。
マリア・モンテッソーリが
子どもの家で行っていた教育法が
モンテッソーリ教育と呼ばれているもの。

そして大切な考えとして、
子どもには、自分を育てる力
つまり「自己教育力」を持っているということ。

そして、おとなはそれを見守り、援助する
そんな役割を担うということ。

子どもが主体となる教育という点が、
自分が受けてきた従来の教育と違うよな。
でも、ものすごい腹落ちがいい。

もう少し詳しく知りたい方は、
ネットや本を読んでいただければ。

スポンサーリンク

子どもの家とは?

子どもの家では、
すべてが子どもサイズで
生活できるようになっている。

机、椅子はもちろん、
戸棚や水回りなど、
すべて子どもができるサイズ。

椅子もできあがり

実際に1歳の誕生日プレゼントに
机と椅子をあげたら、
うれしそうに座るわけなんよね。

自分の椅子に座って
机で食事もできるし、
子どもの自己教育力には驚いた。

関連記事:1歳の誕生日に机と椅子をプレゼント!!モンテッソーリ教育の「こどもの家」家庭でつくる

スポンサーリンク

子どもの敏感期

敏感期とは、子どもが成長するなかで、
なにか強烈に興味をもち、集中して繰り返す
ある限定された時期のこと。

言語、秩序、感覚、運動、数、文化の
6つで言われることが多いけども、
「モンテッソーリ教育で子どもの本当の力を引き出す!」
という本にかかれている内容を
自分は参考にしている。

子どもの敏感期

敏感期のサイン 静けさ

なにか静かだなと思ったときって
いたずらしていること多いよね。

それはおとなからしたら
いたずらやけども、
こどもからしたら集中している証拠。

単純にいたずらと判断して
怒るなどは子どもの成長を妨げることに。

敏感期のサイン 繰り返し

子どもと遊んでいると、
同じことを繰り返すことあるよね。

自分の子どもでいうと
①ひとに物をわたす
②その物を返してもらう
これを永遠に繰り返している

一見なにが楽しいのかわからんけど、
本人楽しそうに笑うんよね。

繰り返す行動を
おとな側が止めちゃだめね。

敏感期のサイン 喜び

休みの日に公園へ散歩にいくと、
水を得た魚のように、
縦横無尽に笑いながら走る。

↑にかいた運動の敏感期で、
走るということができて
ドーパミンがでている状態。

転けるけど、
すぐに立ち上がり、また走る。

危ないからと止めるのではなく、
走り回っても大丈夫なところに
連れていくのがいいよね。

スポンサーリンク

発達の四段階

敏感期は現れては消えていく。
そのほとんどが、乳幼児期に集中しているらしい。

発達の四段階

この敏感期を充実して過ごすと、
その先に必要な80%の能力を獲得できる。
それほど大事な期間。

0~3歳の乳幼児期には
とくに大事な3つのポイントがある。

①あるくこと

「歩くために、歩いている」

はいはい、つかまりだち、あるく、はしる
子どもは自分でステップアップしていくよね。

誰かに教えられたわけではなく、
自分自身であるくようになっていく。

もちろん、早さは人それぞれなので、
そこは温かく見守る必要あるけど。

②手指をつかうこと

「3つの指は突出した脳である」

脳にもっとも刺激を与えるのが
目と手が連動してうごくとき。

物を掴むようになったり、
なにかを押すようになったりと、
指を動かすことが増えてくる。

たくさん動かせる
環境はつくっていきたいね。

③母国語を聞かせること

「たくさん話かける」

0歳のときなんかは、
「あー」とかぐらいしか言わないので、
話かけるとむなしくなるんよな。

でも、子どもは、言葉を発せないだけで
言葉をどんどん吸収している。

とにかく日常会話を話かけるようにしている。

スポンサーリンク

まとめ

まだ1歳なので、
どんな効果がでているかはわからん。
けど、マイナス面はないと思うんよね。

あと、事前に知っておくことで、
自分の感情に振り回されることは少なくなるかな。
瞬間的にイラッとすることはあるけど。

危険なところだけは注意して、
子どもの自由に成長できる環境づくり。
これからも楽しんでいこうかな。

本文にも少し書いたけど、
一番はじめに買った本で、
その後もたまに読み直しているのがこちら。

モンテッソーリ教育ってどんなもの
そんなはじめてのひとにはおすすめしたい。

なら、またね~

コメント

  1. […] 関連記事:モンテッソーリ教育 乳幼児期(0~6歳) […]

  2. […] モンテッソーリ教育 乳幼児期(0~6歳)子どもが生まれて6ヶ月くらい経ったころモンテッソーリ教育というものを知り、いろいろと勉強しているところである。…spicecurry.okinawa2018.12.19 […]

タイトルとURLをコピーしました