渡りきった駐車場から
 

おでかけ情報

投稿日:  最終更新日: 2018.10.12

沖縄離島の瀬底島にある穴場ビーチ「アンチ浜」で子どもと海遊びを楽しんできました




こんにちは、たかじー(@takag_caelum)です。

先日、沖縄の北部へと
のんびり旅行にいった際に、
瀬底島にあるアンチ浜に行きました。

瀬底ビーチのほうが有名やけども、
アンチ浜のほうが人が少ないし、
海の綺麗さは変わらないしと、
かなり気に入った
ので紹介しますね。

連休に行ったのに、
人の多さが適度ってことは
かなり穴場のビーチではないでしょうか。

アンチ浜へのアクセス

那覇から沖縄自動車道利用して
1時間半くらいで瀬底島かな。

美ら海水族館へ向かう途中にある離島です。

北部観光にいくなら瀬底島に寄るのはおすすめ。
海沿いの449号線を走っていると
瀬底大橋が見えてきます。

瀬底大橋がみえる

車の車窓から1枚。

瀬底大橋を渡る

自分で運転しないって楽ですねー。
運転中に撮影できるし。

運転しないと撮影できるね

駐車場について

瀬底大橋を渡ったあとに
左側に駐車場があります。

こちらは無料で利用できます。
ビーチまでは200mほど坂を下りますが。

もちろんビーチ内にも駐車場はありますが、
こちらは1回500円
となっていますよ。

タダの駐車場からちょっと歩くか、
駐車料金払って近くに停めるか。
それはみなさんの判断次第w

ビーチ内の駐車場は500円

とはいえ、無料駐車場からの景色はいいので、
一度車をとめて眺めてみるといいですよ。

渡りきった駐車場から

ね、いい感じでしょ?

目的にあわせてアンチ浜を楽しむ

無料駐車場から坂を下っていくと、
そこから見える景色もやはりよい。

駐車場から降りていく

アンチ浜へと到着。

アンチ浜

せっかくなので三人で一枚。
この旅行は野郎だけで行ったのであった。

三人でパシャリ

アンチ浜からみた瀬底大橋は
また違う顔を見せてくれます。

アンチ浜からみた瀬底大橋

てか、海の透明感やばくないですか!?
写真の下まで全部海ですからね。

海のグラデーションよ

青のグラデーションもきれい。
晴れるとほんとうに美しい色だなー。

気持ちよさそう

それと、ここはクラゲネットなどないので、
そこらへんは気をつける必要があります。
沖の方ではサメが出たりもするらしい。

アンチ浜をアクティブに楽しむ

マリンスポーツもできますし、
シュノーケル、浮き輪のレンタルや
食堂、売店、シャワーなど
各種ありますので利用するのもいいですね。

マリンスポーツもありますよ

インスタグラムにあった
シュノーケリングの動画ですが、
サンゴもかなり元気そうですよ。

子どもとまったりと楽しむ

ペンションに向かう途中だったので、
海に入らずに、足をつける程度に。
それでも開放感とあわせて気持ちがいい。

ちゃぷちゃぷ

sato-c(@sat_oshime)が撮ってくれた
親子グラビアとか絵になりすぎる。
自然のちからがすげーよ!!

俺のグラビア感

いい親子っぽく見えるw

父と子のポートフォリオ

ちょっとオネムな息子さんは、
微妙な顔しておるね…

足だけチャプチャプ

砂浜はかなりサラサラしたタイプ。
小さい子は手についた砂を
すぐに食べようとするので気をつけましょう。

砂浜系のビーチは小さい子には微妙

さいごに

地元に人気のアンチ浜はいかがでしたか?
沖縄本島でも、北部だと海の綺麗さが段違い。
やっぱりテンションがあがりますね。

観光客もそんなに多くなく
穴場ビーチでまったりリフレッシュ
できます。
子どもと一緒でも楽しめるのがいいですね。

今度行くときは海にはいって遊びたいな。
沖縄北部行くときは要チェックのビーチ!!

この記事に興味もってもらえたら
ツイッターのフォローもお願いします。

それでは、あなたの人生にスパイスを!!

ピックアップ記事

  1. 酸っぱい辛いカレー!ポークビンダルーを超お手軽に調理
  2. 沖縄で1番人気!?スパイスカレーゴカルナのカレーはハズレ無し
  3. インデラカレーを使って簡単で本格的なチキンカレーの作り方
  4. 夏のおすすめアレンジ!トマトとレモンの酸っぱ辛いスパイスチキンカレーのレシピ
  5. 2025年問題、暗黒時代を乗り切るため子どもをどのように育てるべきか

関連記事

  1. 第48回那覇大綱挽まつり
  2. 沖縄で舞台を楽しもう
  3. 遊具
  4. caelum vol.38
  5. SMASH UP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

  1. こどもの国へいってきた
  2. スパイスカレーの二盛と副菜で味の変化が最後まで楽しいヤマナカリー別邸
  3. 弐ノ弐は子連れ家族も行ける中華居酒屋
  4. 県産厚切りポークカツカレー
  5. プレート

カテゴリー

最近の記事

  1. トラリピでNZドル/ドルを運用
  2. ココイチ監修のカレーうどん
  3. ビールのお供にいかがでしょう
  4. 国際通りおすすめランチ
  5. ヒルディスコ
  1. ウェルスナビの画面

    ロボアドバイザー

    初心者だからこそウェルスナビで資産運用をはじめよう
  2. 沖縄のカジュアルなデートコース

    おでかけ情報

    気になる女の子にアプローチ!?沖縄のカジュアルなデートコース
  3. ha-naのパスタランチがうまい

    禁煙グルメ

    <沖縄・那覇>「ha-na」のパスタランチ、たらことシソのクリームソースを食べた…
  4. お弁当

    子育て

    育児は母親がするもの?父親も積極的に参加して認識かえていきましょう
  5. 大人の男のための本格ハンバーグステーキ

    禁煙グルメ

    <沖縄・那覇>家族で楽しめる洋食グルメ!!ぬーじボンボンZの本格ハンバーグステー…
PAGE TOP