宿泊

宿泊レポート「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」に子供と泊まってきた

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm)です!

今回は「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」のご紹介。

2019年7月に読谷にオープンしたグランディスタイルは、16歳以上の大人限定リゾートホテルでした。

が、2020年7月から全年齢宿泊可能となったということで、我が家も子連れで宿泊してきました!

ほかにも子連れ家族はいましたが、うるさいということもなく、大人の落ち着いた空間はちゃんと満喫できましたよ。

そして、なにより料理がおいしかった。

それでは、こちらの施設をお見せしていきますね。

えりちゃん

いやー、ここもまた訪れたいホテル

たかじー

ハイアットの瀬良垣に迫る感じはあったね

たかじーの宿泊感想と口コミですので、旅行計画の方は参考にしてみてください。

※コロナ影響で短縮など内容が変わる可能性がありますので、宿泊前は公式サイトをチェックしてください。

グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾートへのアクセス情報

読谷なので、那覇からも車で少しドライブしたらつけます。

  • 那覇空港から車で約50分

大通り沿いとかではないので、ナビを参考に行きましょう。

駐車場
料金:宿泊者無料
駐車場スペース:制限なし
駐車場台数:35台 屋外

たかじー

ホテルが4階建てで低いけん、わかりづらいかも

「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」にチェックイン

恩納村のムーンビーチに泊まった次の日に宿泊しに行きました。

2月でも完全に夏日の半袖で十分な心地よい天気でテンションあがりますね。

エントランスから緩やかな坂を登ってホテルへ向かいますよ。

ちなみに、事前にチェックをしていなくて、ホテルが4階建てと知らずに、危うく通り過ぎてしまいそうでした笑

たかじー

もっと高い建物と思っとったよ

車を駐めてホテルに入ると、すでに雰囲気のいいロビーが!

大人向けのラグジュアリーな空間で造られただけあって、いい雰囲気漂っていますね。

えりちゃん

めっちゃおしゃれ

ホテルでチェックインしたところから見えるこちらの空間は、バー&レストラの「TASTE」です。

今回は2食付きのプランにしたので、ご飯も楽しみだな。

ウェルカムドリンクはデトックスウォーターでしたよ。

自分は飲んでいませんが、女性には人気があるのかな?

グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾートの客室(セミスイートツイン)紹介

天井はそこまで高くないのですが、横幅が広いつくりなので、空間は広く感じます。

ウキウキしながら客室へイン!!!!

こちらは靴を脱いでお部屋でくつろぐスタイルですね。

なんだかんだで、こういうタイプのほうがくつろげるのは、THE日本人感覚なんでしょうか。

今回宿泊したのは、セミスイートツインで、ホテル公式のコメントはこんな感じです。

ナチュラルで落ち着いた空間に沖縄グリーンがゆれる。
窓からは水平線と読谷の街が広がり、海と空のグラデーションを愉しむあたたかい距離感。

お酒やドリンクを愉しんでいただくためのカウンター、バルコニーのデイベッド、大きめのソファでゆったりとした刻の流れを感じていただけます。

色気を感じる灯りにセミスイートらしいのびのびとした広さ。

広さ:50.3m²
バルコニー面積:8.7m²
定員:4名様

ベッドはもちろんゆったりですが、のんびりとしたソファはいいですね。

今回はここでのんびりとお酒飲んでいた時間が一番長かったかも。

1点、テーブルは4つにセパレートされる仕組みのものでしたが、もう少し大きいほうが、料理やワインを楽しみやすいかもと気になったかな。

今回のお部屋のバルコニーは朝日が入ってくる方向だったので、午前中は気持ちよくデイベッドでのんびりと。

さすがに2月ですし、夕方は肌寒かったね。

バルコニーからはほどよい距離のオーシャンビューです。

あとで気づきましたが、目の前はお墓でしたねw

たかじー

実はホテル周りはお墓が多いw

水回りのほうはまずは洗面台から。

もちろん、寝室側も見えるガラス張り。

すみません、アメニティ類のほうはあんまり詳しくないので、わかりません^^;

えりちゃん

バスソルトはしっかり使っちゃった

バスルームもしっかりと広さがあります。

自分と子供2人で入りましたが、全然狭くなかったですね。

トイレのほうはこんな感じです。

全年齢対応されたことで、オムツボックス(左下)も用意してもらえましたよ。

デスクとして利用もできる机や壁掛けのテレビ。

邪魔にならないくらいのちょうどいいレイアウトです。

2名の子連れということで、カルピスを用意してくれました。

ちょうどいい温度にしてくれていたのも感謝感謝。

この日はコロナ影響でラウンジ利用の制限があるからと、冷蔵庫に用意された飲み物は無料でいただけました。(ラッキー)

そして、ちゃんとしたホテルにあるグラスは、いつもテンションがあがっちゃいますね。

のちほど美味しくワインいただかせてもらいます。

えりちゃん

テンションあがるお部屋!

インフィニティプールとナイトプール2つの表情

グランディスタイルのプール「2 VISIONS」は屋外ですが、年中入れる水温調整可能な温水プールとのことで早速3階へ。

プールサイドには更衣室がないので、部屋で着替えたのちに、備え付けのバスローブとビーチサンダルを利用して3階へ。

プールに行くにはCAFE LOUNGE「CHILLAX」を通っていきます。

こちらにタオルがあるので、必要分はお借りしていきましょう。

夜はナイトプールとして、カクテルを味わうバーとしても利用できるようです。

たかじー

昼と夜では雰囲気が全く違うよ

太陽の光が差し込んだインフィニティプールは、読谷の街並みの奥に広がるオーシャンビュー。

開放感がしっかりとあり、気持ちがいいですね。

あと、2月なのでしっかりと温水で全く寒さを感じなかったよ。

ジャクジーも気持ちよくて、夏場はプールで体が冷えてもこちらで温まると大丈夫そう。

プールサイドでものんびりと過ごせるようになっています。

ドリンクを飲みながらゆっくりと遊ぶのがおすすめですね。

営業時間:7:00~23:00
場所:3階
利用料金:宿泊者のみの利用(無料)
※20歳未満は18時までの利用

夜になると幻想的に光るナイトプールは大人が楽しむバータイム。

水中に浮かぶテーブルやプールサイドでドリンクで、素敵な夜を過ごせそうです。

たかじー

子供がいると18時以降は利用できないのが残念

お酒を楽しめるホテルディナーに舌鼓

ディナーは1階の「TASTE」の半個室テーブルへ。

こちらも子供も利用できるホテルになったことで、ハイチェアや子ども用の食器も用意されていました。

ほかにも外の広がりを感じるテーブル席や個室カウンターもありましたよ。

料理は、沖縄産の食材を中心に、泡盛、シャンパンやワイン、ウィスキーに合う料理でおもてなしするスタイルのようです。

とくにこのウニのリゾットは、ワインとめちゃくちゃ合っておいしい。

ちなみに、今回の夕食はプランに入っていて、

  • 北海道産帆立貝とアンチョビポテトのミルフィーユ スターアニス香る赤ワインビネガー
  • 濃厚雲丹のリゾット 紫蘇のアクセント
  • 赤ワインマリネのアンガスビーフステーキ ハーブリーフとじゃがいものタルタル
  • 南国フルーツジュレとパンナコッタ グレープフルーツのアクセント
  • コーヒーor紅茶

こちらがコースとして出てきました。

どれも美味しい至福のひととき。

えりちゃん

ここのお料理は本当においしかった〜

メインのほうも赤ワインと一緒に楽しみながら、最後まで幸せな空間。

営業時間:18:00~22:00
料金:3皿3,900円 4皿4,800円 5皿5,700円
場所:1階
席数:62席

食後は少し外を散歩してきましたが、ライトアップされた雰囲気になると、また違った表情を見せてくれるホテルです。

星もちらほらと見えて、思った以上に素敵なロケーションかも。

えりちゃん

お部屋で夫婦水入らずで乾杯だね

たかじー

ワインが美味しい日だったよ

朝食のセットメニューもおしゃれ

こちらは朝食ではなくブランチになっているようです。

通常はCAFE LOUNGE「CHILLAX」での提供のようですが、コロナの影響なのか、「TASTE」でも食べられました。

CHILLAX
ブランチ営業時間:7:00~14:00
場所:3階
席数:36席

子ども用のセットメニューもいくつかあり、注文したのはパンケーキのセット。

たかじー

ほかのキッズメニューも見ておけばよかったな

大人のほうはA~Dまでのセットが用意されています。

  • ブランチA:トリュフクリームのエッグベネディクト
  • ブランチB:ベイクドハムとゴーダーチーズのモンテクリスト
  • ブランチC:クロワッサンワッフルのタルティーヌ”サーフ&ターフ”
  • ブランチD:沖縄の朝

画像は「沖縄の朝」という、メニュー唯一の和食です。

見た目も女子は特にテンションあがる感じじゃないかな。

えりちゃん

こういうちゃんとしたセットなら嬉しい!

自分が頼んだのは「トリュフクリームのエッグベネディクト」。

見た瞬間にエッグベネディクトが無性に食べたくなってしまってね。

トリュフの香るソースはもちろん、ほかの前菜なども含めて大満足。

まとめ

「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」の紹介いかがでしたでしょうか。

落ち着いた大人が楽しめる空間ですが、子供たちへの配慮もちゃんとされていて、家族でも楽しめました。

部屋数も多いわけではないので、子供がたくさんいるってこともなさそうな気がします。

子供が叫んだりしたのを見ませんでしたしねw

客室や空間も素敵でしたが、やはりご飯がとにかく美味しかったので、レストラン利用してほしいですね。

えりちゃん

濃厚雲丹のリゾットが忘れられない

たかじー

今回一番美味しかったのは、それで間違いないよね

なら、またね~

ホテル名グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート
住所沖縄県中頭郡読谷村字瀬名波571-1
チェックイン14:00~23:00
チェックアウト~11:00
カード情報VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS
設備・特徴バリアフリー
コンビニまで徒歩5分以内
屋外プール
ABOUT ME
たかじー
沖縄歴10年目の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!