レトルト

福岡ご当地カレー「博多の名店ナイル」監修の辛口黒カレーの実食レビュー

いただきます

先日福岡に行った際に、
ご当地レトルトカレーあるかなと
スーパーによって買ったのがこちら。

どんなカレーかな?なんて想像しながら、
沖縄にもどってきて実食させてもらった。

いままで食べたことがないタイプで
地味にハマってしまう味やったね。

by たかじー(@taka_g_gzm)

博多のカレーの名店「ナイル」とは?

昭和36年創業の博多の名店。
って初めて知ったんですけど~。

自分が住んでいたときは
名前を聞いたことはあるけど、
実際に行ったことはなかったんよね。

「今から40年以上前、1日1000人の行列を作ったという福岡博多の伝説のカレー「ナイル」。超有名芸能人をはじめ、多くの博多っ子に愛され、今なお語り継がれるその味をここに復活させました。」

ネットを調べとると、
こんな内容が書かれた看板があった。
どうやら益正が復活させたもよう。

カレー自体はかなりシンプルな感じらしい。
ツイッターで見てみると、

黒とクリーム色のカレー。
クリームのほうが復刻版らしいね。
そして、そのレトルトもあったわ。

レトルトのパッケージにも
黒カレーって書いてあるし、
ナイルの特徴なんやろうね。

野菜のうまみにシャープな辛さが特徴のレトルトカレー

今回も例によって、味の再現性は不明。
普通に自分の好みかどうかで
勝手にレビューさせてもらうよー。

パッケージ

博多の名店ナイル辛口黒カレー

博多の名店って書いとるけんね。
ご当地であることは間違いないやろと
スーパーで選んだ一番の理由。

スパイシーな黒カレー

毎日食べたい、
癖になる、
スパイシーな「黒カレー」。

文言では好きそうな雰囲気があるね。

原材料など

ただ、原材料みると、
野菜・果実が結構はいっとるし、
甘みが強いカレーだと苦手だ。

と一気に不安になってきた。

パウチは真っ白

パウチのほうは真っ白。
ローカル企業はこんなところ気にしないw
別にここに文字とかなくていいしね。

さっさと温めていただくとしよう。

お皿にもりつけて実食!!

いただきます

副菜とかあったので、
いろいろと余計なもの乗せているが、
スパイスの香りはいい感じやん。

気にしとった甘みの部分も
嫌な感じではなさそうや。

いただきます

ひとくちいただくと、
スープのコクがしっかりとしたカレーソース。
野菜の甘みが最初にきたと思ったら
あとからシャープな辛味がピリッとくる。

サラサラしたタイプで、
スプーンでかきこみながら、
ぺろりと平らげてしまった^^;

おわりに

野菜の甘みが全面にでると苦手なカレー。
ナイルは野菜の甘みはあるものの、
スープ自体のしっかりとしたコクに、
バランスのよい辛味があっておいしかったわ。

今思えば具材はちょっとさみしいかな。
レトルトだとこんなものか?とも思ったけど、
もうちょいほしいところ。

博多の名店気になるかたはお試しを。

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!