沖縄限定商品・お土産

【レビュー】ぬーじボンボンZの鬼嘉例 琉球ロイヤルポークと唐辛子を入れ過ぎた黒カレー(鬼辛)レビュー

ぬーじボンボンZの鬼嘉例 琉球ロイヤルポークと唐辛子を入れ過ぎた黒カレー(鬼辛)レビュー

最近はラーメンにご執心の友人がやっているお店食堂ぬーじボンボンZのレトルトカレーが昨年発売されたわけですね。結婚式の引き出物でこちらのレトルトカレーを二種もらっていたわけなんですが、なかなか食べる機会がなくようやくそのうち一つをいただきました。

こんにちは、サラサラのスパイスカレーが好みですが欧風カレーももちろん好きなたかじー(@taka_g_gzm)です。友人の商品ですが、そこは気にせずレビューしてみましょう。

さて、食堂ぬーじボンボンZから発売された二種のレトルトカレーはこちら。

  • 神嘉例 琉球ロイヤルポークを入れ過ぎた黒カレー(中辛)
  • 鬼嘉例 琉球ロイヤルポークと唐辛子を入れ過ぎた黒カレー(鬼辛)

那覇空港や沖縄県内のドン・キホーテなどで1,200円(税別)で販売されているようです。なかなかパンチの効いた価格ですね。本人曰く原価が高くギリギリの価格設定とのことですが、消費者は原価がどうとか考えません。支払った金額に対して納得感があるかどうかだけ。

さっそくパッケージから見てみましょう。

鬼嘉例 琉球ロイヤルポークと唐辛子を入れ過ぎた黒カレーパッケージ表

店主のアクの強さが出たデザインですね。

実店舗や店主を知っている人は納得されると思いますが、こいつが発注するデザイン関連はことごとくアクが強いものになります。わかりやすいと言えばわかりやすいのでありなんでしょうけども。

大きく書かれているようにこのカレーの特徴は琉球ロイヤルポークと唐辛子を入れすぎた黒カレー。これに尽きるんでしょう。

鬼嘉例 琉球ロイヤルポークと唐辛子を入れ過ぎた黒カレーパッケージ裏

裏面にはお店の紹介なんかありますね。原材料を見ると一番多いのが豚肉ってのはすごいことじゃないでしょうか。

鬼嘉例 琉球ロイヤルポークと唐辛子を入れ過ぎた黒カレーパウチ

中身のパウチは、シンプルなもんです。

どれくらい温めるのか書かれていないなと思ったらパッケージの横に書かれていました。なんか寂しい絵面だったので撮影はしていませんが。お湯で5分ほどあたためてさっさといただきましょう。

ルウをかけて完成

ご飯にルウをかけて完成しましたが、これは難しい。「入れすぎた」という表現が受け手によってイメージするところが違いすぎるということに気づきました。正直肉の量はレトルトカレーでは多いほうだなと思うのですが、入れすぎたという言葉から自分が想像したカレーよりは少なかったです。あと、お店の黒カレーほど色が黒くないのでそこもイメージとは乖離が出ました。

ハムカツを乗せて

お腹空いていたので買っていたハムカツを乗せて実食。欧風カレーの美味しさのあとに唐辛子の刺激がきます。ただ、こちらも同じく唐辛子を入れすぎたという割にはピリッとした辛みが後味に来る程度で、鬼辛という表現には程遠く感じます。また、ぬーじの黒カレーをイメージするとスパイスの香りがかなり違うので、これはこのカレーと思って食べないとギャップがありますね。

先入観的なところとパッケージ情報から伝わる内容からかなり期待とは違う味だなというのが感想です。あくまでイメージと違うということで、味が美味しくないというわけではないです。琉球ロイヤルポークの欧風カレーと思って食べると感想はまた違うでしょうね。

味(自身の好み)  ★★☆☆☆
スパイス    ★☆☆☆☆
出汁      ★★★☆☆
具の量     ★★★★☆
コスパ     ★☆☆☆☆

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!