カップ麺

【実食レビュー】マルちゃん 辛い牛カレーうどんは、唐辛子の辛味が強い

辛い牛カレー

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

今日はマルちゃんから発売された「辛い牛カレーうどん」の実食レビュー。

「赤いきつね」「緑のたぬき」でおなじみ、マルちゃんの派生品として過去に発売した「辛い牛カレーうどん」。

縦型のカップになって再登場です。

唐辛子の辛味がきいた、さらりとした和風カレースープが夏にぴったりですね。

たかじー

予想よりはかなり辛かったな

マルちゃん 辛い牛カレーうどんの商品情報

辛い牛カレー

縦型になってパッケージデザインはこちら。

辛い牛カレー

辛い牛カレーの特徴としては、

  • たまねぎの旨みをくわえた辛口のカレーつゆ
  • 〆にご飯で2度おいしい!

ご飯にあうということは、自分の好きな濃度の高いカレーうどんっぽいな。

辛口のカレーつゆ

牛さんが鼻から火を吹いていますねw

辛口って書かれていても、基準が会社によって違うので、どれくらい辛いのかは、いつも気になります。

底からよくかきまぜて食べる

底からよくかきまぜて食べる

これは濃厚系のタイプに、書かれていることが多いので期待しちゃいます。

原材料、栄養成分

裏面には栄養成分は原材料が記載されているので、一通りチェックしてみますよ。

  • エネルギー:405kcal
  • タンパク質:8.5g
  • 脂質:17.7g
  • 炭水化物:52.8g
  • 食塩相当量:4.9g
  • ビタミンB1:1.02mg
  • ビタミンB2:0.39mg
  • カルシウム:155mg

脂質が少し高いのがきになりますが、トータルカロリーは抑えめな印象。

原材料をみると、鰹や昆布などの和風系出汁を、ベースにしているわけではなくポークベースですね。

中身

かやくのほうは、

  • 牛肉
  • にんじん
  • ねぎ
5分待つ

熱湯をいれて5分待ちましょう。3分ではなく5分ですね。

辛味がピリッと強いカレーうどん

5分後

5分後に蓋を買えたらこんな感じですよ。

スパイシーな香りが広がってきてたまりませんね。

とりあえずは、パッケージに書かれていたように、底からしっかりとかき混ぜていきます。

よくあるタイプ

濃厚タイプなスープかと思いましたが、サラリとした見た目ですね。

一口飲んでみると、唐辛子の刺激がまずピリッとやってきます。

その後にカレーの香りが広がり、豚をベースとしたつゆの旨味が余韻として残る。

濃度は低く予想と違い、ドロっとした感じじゃなかったですね。

麺は幅広

麺はマルちゃんらしく、幅広のちょいちぢれの平麺です。

コシがあり、つるつるした喉越しが、麺をすするのに楽しくなるタイプ。

麺とスープも相性いいですが、辛味が強いので汗が額にじわじわと。

ご飯をいれる

〆にご飯で2度美味しいということで、チャレンジしてみました。

が、これは個人的には全然だったな…

普通に麺とスープだけでいただくほうがおすすめです。

たかじー

暑い時期に汗かきながら食べるカレーうどん好きやな

まとめ

マルちゃん「辛い牛カレーうどん」の紹介いかがでしたでしょうか。

個人的にはもう少し濃度があると、辛さとのバランスがよく麺との絡みもいいんじゃないかなって感じでしたね。

あと、牛カレーというなら、スープのほうにも牛ベースがよかったのかな。

味は好みですし、カレーのスパイシーさと唐辛子の感じは結構好きでした。

コンビニにでも買えるので興味あるかたは食べてみてください。

たかじー

家で涼しみながら食べるほうがよかよ

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!