宿泊

宿泊レポート「オキナワ マリオット リゾート&スパ」はバブルなホテル

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

今回紹介するのは「オキナワ マリオット リゾート&スパ」。

リゾートホテルめぐりの中で、ガーデンプールが県内最大級の広さということで行ってきましたよ。

バブリーな作りの内装などに、ガキの頃の記憶が蘇るノスタルジックな宿泊でした。

たかじー

今どき見ることがないホテルタイプじゃねw

たかじーの宿泊感想と口コミですので、旅行計画の方は参考にしてみてください。

※コロナ影響で短縮など内容が変わる可能性がありますので、宿泊前は公式サイトをチェックしてください。

オキナワ マリオット リゾート&スパへのアクセス情報

かりゆしビーチ近くにあるリゾートホテル。

ブセナテラスやリッツカールトンなどもあるエリアで、リゾートとして人気の場所ですね。

  • 空港リムジンバス約100分
  • 那覇空港より最短で約70分

客室(スーペリアルーム)紹介

今回宿泊したのは、スーペリアルーム。

エメラルドグリーンが広がる、オーシャンビューのスタンダートなお部屋です。

テラスからかりゆしビーチ方面の海が眺められる位置でした。

床面積:44.6~46.3㎡
配置階:スーペリアフロア 5F~9F/ハイフロア 10F~13F
客室数:216室
定員:1~4名

ダブルベットが2つなので、子供連れでも一緒に寝られますね。

さっそく本日の寝床に興味津々で、チェックしているお子さまw

テラス近くには不思議な設置のソファーが2つ。

家具のセレクトにバブルの時代を感じてしょうがない。

たかじー

マリオットのホテルは世界的にこんな感じなのかな

執務スペースみたいなものもありました。

ちょっとパソコン作業するのにちょうどよかったので助かります。

テレビ台なども、基本的にノスタルジックな気分になりますね。

極めつけはバスルームです。

どーんと大・理・石!

自分らの年代でも、こういうタイプのホテルに泊まったことある人は少ないんじゃないでしょうかね。

ユニットバスですが、シャワールームも含めて広々としていますよ。

洗面台もがっつりしたタイプですね。

テレビのなかでしか見たことがない世界感。

内装の好みはさておき、テラスからの眺めは最高です。

サンセットがきれいに見えるポジションで、夫婦ともどもうっとり。

えりちゃん

ベスポジやね

日が沈んだあとの空のグラデーションも個人的には好きです。

この景色はいつ見ても飽きることがありませんね。

たかじー

小一時間くらい眺めていられるわ

日の出は楽しめませんが、日中はオーシャンビューを満喫することができます。

ここのホテルは部屋からの眺めが、とにかく印象に残りましたね。

ブッフェ&グリル クワッチーで、ディナーとモーニング

この日のディナーはなんとかバイキングを楽しめました。

洋食のみならず和食・沖縄料理・中国料理やBBQなど、インターナショナルなご馳走が並ぶカジュアルレストラン、ご家族からカップルまでゆっくりとご利用いただける空間で、数々の地元食材を使用したクワッチー(ご馳走)をお楽しみください。

「クワッチー」は沖縄の方言で「ご馳走」

営業時間朝食 6:30~10:00
昼食 11:30~14:30
夕食 17:30~21:00
場所ロビー(2F)
席数346席(フリースペース114席 含む)※全席禁煙
個室なし
予約朝食不可、昼食・夕食可

グリルと言われたら、もちろんメインはステーキ系ですよね。

ビーフ、ポーク、チキンをそれぞれ楽しんじゃいました。

ついつい肉を中心におかわりしてしまうのが、貧乏性の家族の行動となっています(T_T)

デザート類も種類が多くて、子供と嫁さんがうれしそうでした。

えりちゃん

全部は食べれんかった

ミニチラシなどいれて彩りを考えたつもりが、茶色のプレートになっていますね。

サラダなどもバランスよく食べたのですが、最終的にはメイン系が中心におかわりしていましたよ。

残念ながら、朝食はバイキングでなく、セットメニューでした。

定番はもちろん、「朝からこんなものまで—」。種類豊富な料理に数々のトッピングなど ご自分好みの朝食をお楽しみください。

朝食としては満足でしたが、やはり自分で選んで楽しみたかったですね。

沖縄県内最大級のガーデンプールで遊ぶ

  • 全長170mになる県内最大級のガーデンプールは県内最大級の広さ!
  • ガゼボから直接出入りできる深さ2.5mのプール
  • なだらかなスロープが浜辺の波打ち際を思わせるプール(深さ1.2m)
  • 小さなお子様でも安心してご利用いただける子供用プール(深さ60cm)

事前情報では、子供がかなり楽しめるのかなと、期待をしていました。

散策時間(通年):プールサイド7:00~22:00
料金:ご宿泊者 無料
遊泳期間・時間:
3/20日~7/16 9:00~18:00
7/17日~8/29日 8:00~21:00
8/30~10/30 9:00~18:00 

ガーデンプール
引用元:公式サイト

ガーデンプールはA~Fまで区切られています。

それぞれタイプが違うのかと思ったら、大きな差はあるようでなかったですね。

こちらは行列ができていたウォータースライダー。

中央には長さ47.5mのロングウォータースライダーもお楽しみいただけます。

身長制限があるので、小さい子は滑ることができません。

親と一緒にというのもNGでしたよ。

こちらはなだらかなスロープで、徐々に深くなるプールです。

子供と一緒だと、ここが一番遊びやすかった印象。

ただし、このスロープが結構滑りますので要注意。

ゆっくり歩かせるか、手をつないで入りましょう。

反対側には階段があるので、そちらのほうが安心かもですね。

朝イチで誰もいないプールを満喫しています。

チェックイン後はかなり人が多かったので、チェックアウト前の朝イチのプールはのんびりよかったですよ。

えりちゃん

飲食禁止なのに、缶ビール飲んでた母親おったよね

たかじー

それに、飛び込みしまくる小学生も多くて、この日の客層は微妙やった

まとめ

「オキナワ マリオット リゾート&スパ」の紹介いかがでしたでしょうか。

名護にあるリゾートエリアのホテルですが、バブル時代のゴージャスな造りが印象的でした。

県内最大級のプールは、広さは広いですが、もっといろんなタイプのプールがあるほうがうれしいですね。

お部屋のテラスから眺めるサンセットは最高でしたよ。

興味ある方は宿泊してみてはいかがでしたでしょうか。

たかじー

次はリッツカールトンかブセナテラスに泊まりたい

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!