VISA(V)は、キャピタルゲインと少額ながら連続増配のインカムゲインどちらも狙える超高収益企業。

VISA株購入 米国株式

VISA(V)を購入しました。
決済手法が増えてきたとはいえ、
これだけ世界で利用されているので、
まだまだ盤石な会社ではないかなと思いまして。

ライバルはマスタカードですが、
結局自分が使っているのがVISAなので、
こちらを買うことに決めました。

しばらくはちょこちょこ
積み立てていきたいと思っています。

SBI証券の手数料がさがったので、
少額から買いやすくなったんで。

今回は簡単に企業分析してみたいと思います。

将来は誰にもわかならいので、
投資するかどうかはみなさんのご判断で。

by たかじー(@takag_caelum)

たかじー
たかじー

楽天カードにお世話になっているということは、間接的にVISAにもね。

スポンサーリンク

事業内容について

国際カードブランドですね。
決済ネットワークを提供している会社です。

たぶん、世界最大の決済ネットワークです。
国内での利用に困ることはないし、
利用できる国もかなり多いです。

ちなみに、VISAは自らクレジットカードを発行していません。
そういうところも気に入ったポイントです。

スポンサーリンク

営業キャッシュフローが重要

ちゃんと米国株について学んでいきたいと
普段からSNSでチェックさせてもらっている
じっちゃまこと広瀬さんの本を購入。

素人ならまずは書かれていることを、
愚直に捉えて挑戦していきたいと思います。

たかじー
たかじー

ツイッターは投資以外も含めて、
楽しくみさせてもらっとるよ。
みんなチェック。

営業キャッシュフローが重要ということで、
最近のVISAの情報をみてみたいと思います。

表の単位は百万ドルです。

2016/92017/92018/9
売上高15,08218,35820,609
営業CF5,5749,20812,713
純利益5,9916,69910,301
営業CFマージン36.96%50.16%61.69%

営業キャッシュフローの増加

表を2016年からみると、
毎年営業キャッシュフローが増えていますね。

投資キャッシュフローもかからない、
かなりいいビジネスモデルです。

営業キャッシュフローマージンが脅威の数値

営業キャッシュフローマージン
これは比率が高ければ高いほど、
プラスの評価となります。

平均的な米国株は11.9%前後らしいので、
昨年度の60%強という数値は信じられないですね。
このレベルの企業はほとんどないんと思います。

たかじー
たかじー

このキャッシュフローマージンは、
もしかしたら米国トップ?
知らんけどw

スポンサーリンク

気になる参考指標

2018/09期(連)の情報から
気になる参考指標をみてみます。

自己資本比率48.66%
予想PER33.62倍
実績PBR13.90倍
予想1株配当0.99ドル
予想配当利回り0.55%
配当性向18.60%

配当はほとんどないですね。
配当性向も低いので、
今後はどうなるかわかりませんが。

一応、連続増配当10年です。

広告が多いですが、
下記サイトでチェックしました。
ほかにいいサイトあれば知りたいな。

Dividend Quote - DividendInvestor.com
dividendinvestor.com is the leading provider of dividend paying stocks information including yield, rate, growth, history, highest paying, reinvestment, payout ...
スポンサーリンク

まとめ

自分が購入したポイントは、

  • 盤石な基盤(ほぼ独占的)
  • 営業キャッシュフローマージンの高さ
  • 今後もまだ伸びると感じれる

資産を増やしていく
そんな位置づけで考えています。
まだまだ伸びると思うんですよね。
急激な伸びはないかもしれませんが。

今後は四半期の決算しっかりとみつつ、
ちょこちこと積み立てていきたいと思います。

たかじー
たかじー

VISAは配当方針次第では、
どこかで売却するかもね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

なら、またね~

コメント

  1. […] VISA(V)は、キャピタルゲインと少額ながら連続増配のインカムゲインどちらも狙える超高収益企業。VISA(V)を購入しました。決済手法が増えてきたとはいえ、これだけ世界で利用され […]

タイトルとURLをコピーしました