おでかけ情報

子ども笑顔!美らイチゴのいちご狩りが最高だったので、ポイントをまとめました

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

月イチ家族デーをどう過ごすかの会話。

えりちゃん

いちご狩りとかどうよ?

たかじー

いいね、喜びそうやしな

子どもがいちご好きですし、普段経験しないことは楽しそうなので家族で体験しにいくことにしました。

結果、いちご狩り、子どもも大人も楽しめて満足度高め!最高ですよー!

おすすめポイント
  1. 子どもの笑顔がたまらない
  2. 時間・価格・満足感のバランスがかなりいい
  3. 食育にもなる

沖縄のいちご狩り体験

沖縄でいちご狩りってなかなか知られていませんが、結構あるんですよね。

  • 美らイチゴ 南城ハウス
  • 美らイチゴ 糸満ハウス
  • 金城いちご園(宜野座)
  • なかま苺農園(宜野座)
  • 志良堂いちご園(宜野座)
  • 琉球苺園(宜野座)
  • いちごやぁ~(宜野座)
  • 徳元イチゴ農園(宜野座)

宜野座にたくさんあるようでしたが、ちょっと日帰りで遊ぶのには遠いなと、那覇から近い「美らイチゴ 南城ハウス」へ行ってみることに

たかじー

思ったよりも体験できる場所あるんやね

美らイチゴ南城ハウスへのアクセス情報

大きな目印だと、琉球ゴルフ倶楽部が近いですね。田舎道なのでナビに頼っていきましょう。

たかじー

那覇から来るまで40分くらいかな

美らイチゴ

施設の近くになると、道に手作りな矢印のついた看板などもあります。最後は小道を入っていくことになるので注意してくださいね。

駐車場は、整備されたものではなく、ビニールハウス前に停めていくことになります。

初いちご狩り体験

実は、自分もいちご狩りをした経験がたぶんありません。子どもとともに初体験です^^;

まずは受付にて入園料を払いましょう。食べ放題プランで大人2,000円、うちの子は3歳未満なので無料です。施設概要はのちほどまとめて記載しています。

お金を払ったら案内されるビニールハウスのほうに。A、B、Cと全部で3つあるようでした。

なかに入るとまずは手洗いとアルコール消毒をします。いちごの摘み方が書かれているのでそちらもチェック。

時期なのか、コロナの影響なのか、こんなものなのか、ちょっとわかりませんが、人が多すぎず自分たちとしてはうれしい。

ビニールハウスも広くて、圧迫感もないので安心です。

いちごってこんな風にできているんだと、たかじー自身の食育にもなっていたりします。

まだ色づいていないいちごもちらほらありますが、おいしそうな色したものがたくさん。

この色艶がたまりませんね。普段はいちごを食べない自分ですが、妙にテンションがあがってきてしまいます。

  • よつぼし
  • かおり野
  • 恋苺

こちらで育てられている品種は3種類です。福岡出身の自分は、あまおうくらいしか知りませんでした^^;

そして、これがその実物ですが、どれがどの品種かは完全にわからなくなってしまいました…

食べ比べてみると、味の違いがちゃんとあっておもしろいです。自分は恋苺が好きでしたが、嫁さんはよつぼし好き。

そして、子どもはというと、いちごをうれしそうに頬張り続けていきます。

置いてあったハチさんもお気に入りのようです。

ちなみに、入り口には苺にかける練乳や持ち帰りパックも販売されていましたよ。

お見かけしませんでしたが、スタッフにはマルハナバチさんもいるみたいでした。

いちご狩りのおすすめポイント!

おすすめポイントは色々ありますが、子どもと遊ぶという点で2つまとめると、

おすすめポイント
  1. 子どもの笑顔がたまらない
  2. 時間・価格・満足感のバランスがかなりいい
  3. 食育にもなる

この3つが大きなところかなと思います。

子どもの笑顔がたまらない

表情見ていただければ一目瞭然ですね。時間たっぷりと、はしゃぎ倒していました。

小学生くらいまでの子連れが多く、みんなおいしそうに食べていたのが印象的です。

時間・価格・満足感のバランスがかなりいい

食べ放題40分というのが、どれくらいのレベルなのか正直わかりませんでしたが、十分価値にあう価格です。

スーパーで1パック500円と考えたら高くないですし、40分間食べ続けるのは一般人には無理なのでバランスがいい。

食育にもなる

いつもはお皿に乗って食べるいちごをですが、実際にできているところを見せると食育になりますよね。

「こんな風に育っているんだよ」教えたりしながら、いちごを摘むといいかもしれません。

小さい子どもと行く場合は、口から汁がこぼれたり、汚れた手を服で拭いたりすることもありますよね。エプロンや手拭き、着替えなんかがあると安心して楽しめると思いますよ。

そのほか施設情報

トイレは簡易的なものが外にあります。

受付横に移動販売のトラックがありました。イベントなどでほかの場所でも見かけるので、いつもここにあるかはわかりませんが。

いちごを使った商品がたくさんあるので、気になるものがあれば注文してみてはいかがでしょうか。

たかじー

食べ放題で注文する気は起きんかったけどね

施設名美らイチゴ 南城ハウス
住所沖縄県南城市玉城垣花555番
開演時間10時~
体験時間40分
食べ放題大人(中学生以上):2,000円
小学生:1,400円
幼児(3歳以上):900円
3歳未満:無料
高齢者(75歳以上):900円
摘み取り用パックR:750円
L:1,000円

食べ放題のプランに追加の場合
R:500円
L:700円
外部サイト 公式サイト
Instagram

いちごの生育状況等により、開園時間、営業日、プラン(食べ放題またはカップ売り)が変更になるらしいので、公式サイトをご確認ください。

まとめ

いちごと言えば、普段買うことは少ないのではないでしょうか。

普段なかなか体験することのないいちごを摘んで食べることに喜ぶ子どもの笑顔だけで満足。

そんないちごを「もう食べられない」というくらいに山盛りに食べて、贅沢気分が味わえるので大人も満足できますよ。

美らイチゴでは5月下旬くらいまで体験できるようですのでぜひ。いちご狩りおすすめです!

えりちゃん

もう、しばらく苺はいらない

たかじー

みんなでめっちゃ食べたねー

このあと30分後くらいにはランチしていました。フルーツと食事は別腹のようです。

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴8年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!