スパイスカレー

和出汁の旨味でさらりと食べられる手羽元スパイスカレー

和出汁の旨味でさらりと食べられる手羽元スパイスカレー

スーパーなどに行くと味付けされて焼くだけの状態のお肉がありますよね。自分で味付けするほうではありますが、お手軽なこともあり割引で安くなっていたりすると購入してしまうやつです。

こんなやつ↓

手羽元のレモンペッパー

冷蔵庫に手羽元のレモンペッパー焼きというのがあったので、そのまま焼こうかと思ったのですが、ふと「下味付いとるしカレーにしたらどうなるんだろう?」という疑問からカレーしてみたときのレシピです。

こんにちは、スパイス料理+串料理がたまらなく好きな たかじー(@taka_g_gzm)です。

材料の紹介から始めますね。

材料

■材料(2人前)
〜ベースの食材〜
なし

〜中心の香り〜
コリアンダー 大さじ1
クミンパウダー 大さじ1
ターメリック 小さじ1/2
チリパウダー 小さじ1
パプリカパウダー 小さじ1
マキシマム 少々 ※塩でも可

〜具材の炒め、煮る〜
味付け手羽元 7つ
水 400cc
かつお出汁顆粒 400cc分
昆布出汁顆粒 400cc分
ケチャップ 大さじ1

〜仕上げの香り〜
カルダモン 小さじ1
バジル 小さじ1
ミックスナッツ お好み

調理時間30分(下味漬け込み時間入れて)

今回スパイスカレーのポイントは3つ

  1. マキシマム
  2. 玉ねぎ不使用
  3. 和出汁
マキシマム

マキシマムを聞いたこと無い方もいるかと思いますが宮崎生まれのミックススパイスです。たまたま近所のスーパーにあったので購入しました。取り扱っていないところもあると思うので、無ければ塩でシンプルに代用してください。マキシマムは色々な料理に使えるので通販で購入してみてもいいと思いますよ。

また、自分の中でカレー作るときは玉ねぎを炒めることからという刷り込まれた知識にとらわれず、出汁の旨味とスパイスで美味しいカレーができるのではという疑問にチャレンジした内容となっています。

下ごしらえはほぼないようなもの

  • ボウルに手羽元と中心のスパイスを入れて揉み込む
  • ミックナッツを好きなサイズに砕く
ボウルに肉とスパイスを入れる

ボウルに入れて、

スパイスを揉み込む

揉み込む

あとは15分程度置いてください。今回はすでに味がマリネされているので短時間にしています。撮り忘れてしまいましたが、ミックナッツは袋に入れて棒などで食感が残るサイズに叩いて砕きます。

下味が馴染んだら調理開始です

油を温める

いつもは強火でスタートとなりますが今回は中火で行います。

手羽元を焼く

手羽元を入れてしっかりと焼き色を付けていきますよ。

しっかりとなかまで火を通す

今回は具材からスープの旨味を出す形式ではなく、出汁の旨味にプラスする程度で具の美味しさを楽しむカレーにしたいと考えているので煮込みは短時間になります。しっかりと中まで火を通してください。

水を入れる

水を入れて強火にします。

ケチャップを入れる 出汁を入れる

ケチャップ、顆粒出汁を入れ混ぜ合わせ一度沸騰するまで待ちます。沸騰したら弱火にして味見をしてください。鶏肉に下味で塩が使われていたので塩分のバランスをみます。ちょっと味がボケているくらいかなと思いますのでここでマキシマム。

マキシマムを入れる

自分は小さじ1/2ほど入れました。これは素材の肉に付けられた味によって変わると思いますので、味見しながら調整してください。仕上げにかかります。

ごはんにスパイスをかける

ごはんにカルダモンとバジルを振りかけます。Columbia8にインスパイアされて生のスパイスを乗せてみました。その上からカレーソースをかけナッツを散らせば完成です。

ナッツをふりかける

スープカレーレベルにさらさらしたカレーソースですね。ごはんがカレーソースにおぼれています。さっそくいただきます。

玉ねぎを使っていない超サラサラの手羽元スパイスカレー

うまい!これかなりいい感じのカレーですね。今回トマトケチャップ以外野菜を使っていませんが、和出汁の旨味でしっかりとした美味しさのベースのうえにスパイスが絡んで新しい感じの味がします。後のせしたカルダモンとバジルの香りが広がったあとに広がる旨味。かなりのヒット作品です。しばらくは和出汁のカレーにはまってしまいそうな予感。

TAKA-Gさん(@irodori79)がシェアした投稿

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!