副菜

お弁当の副菜に「ピーマンとちくわのきんぴら」の作り方・レシピを紹介

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm)です!

今回はお弁当にもぴったり「ピーマンとちくわのきんぴら」のレシピをご紹介。

調理時間も5分程度で作れるかなり簡単な料理になります。

ちょっとした副菜としてはもちろん、お弁当のおかずや、おつまみにも合う万能な料理。

うちでも人気ある料理のひとつなので、ぜひ参考にしてみてください。

えりちゃん

結局シンプルなものがテンションあがる

たかじー

ちょうどいい料理よな〜

ピーマンとちくわのきんぴらのレシピ

材料紹介

材料(2〜3人前)
  • ピーマン 2〜3個
  • ちくわ 4本
  • ごま油 小さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • 白だし 小さじ1
  • 酒 小さじ1
  • みりん 小さじ1

こういう料理は材料を極力シンプルにいきたいですね。

出汁のうまみが欲しいので、白だし使っていますが、めんつゆでも、ほんだしなどを使うでも美味しくできますよ。

素材の味をしっかりと楽しみたい味付けなので、がっつり濃い目のきんぴらが好きな方は醤油を倍いれてください。

ピーマンとちくわのきんぴらの作り方

このレシピのポイントは、

短時間でささっと炒めること

それでは作っていきましょう!

ピーマンは縦にスライスしてください。

太さに関しては、好みの食感を楽しめそうなところでいいと思います。

ちくわは縦に半分にしたあと、斜めに細長く切ってください。

ピーマンと同じくらいのサイズになるイメージですね。

フライパンにごま油をいれたら中火で温めていきます。

フライパンがしっかりと温まったら、ピーマンとちくわをいれてごま油を具材に絡むように手早く混ぜます。

そのまま調味料をいれ、汁気がなくなるまで炒めたら完成です。

ピーマンの食感をしっかりと残すのが好きなので、短時間で炒めるようにします。

しゃきしゃきのピーマンの食感が特徴のきんぴら

盛り付けのときにごまをふりかけると香りも豊かでいいですよね。

見た目もちょっといい感じに見えてきます^^

炒め時間が短いので、ピーマンがクタッとならずに、しゃきっと感が残っているのが伝わりますかね。

今回の料理のポイントはここなんですよね。

あっさりとしたきんぴらですが、しっかりと旨味があるので、しっかりおいしいですね。

ピーマンとちくわの食感のコントラストもおもしろいので、妙にハマってしまいます。

七味や山椒をかけて、ピリッとさせるのもあり。
柚子胡椒というのもおもしろいよ。

ちなみに、以前紹介した万能ニラ醤油を少し乗せて食べてもおいしいですよ^^

まとめ

お弁当にもぴったり「ピーマンとちくわのきんぴら」のレシピをご紹介いかがでしたでしょうか。

レシピもかなり簡単なので、多めに作り置きしておくと、家での食事や会社や学校のお弁当の1品として活躍してくれます。

我が家ではお酒のおつまみとしても、よくいただいていますよ。

試してくれたら感想くれるとうれしいです。

えりちゃん

キンミヤのつまみにちょうどいい

たかじー

ちょうどいい料理よね

家では「時短レシピ」で「作り置き」というのは、やはり助かりますね。

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴10年目の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!