琉球泡盛

津嘉山酒造の琉球泡盛「國華30度」を紹介!!

國華のラベル

名護の名水でつくられた
琉球泡盛「國華」を紹介。

沖縄本島北部で
初めて泡盛の製造免許を取得した
津嘉山酒造所がつくる琉球泡盛。

歴史ある酒造所でつくられる
國華はどんなものだろうか。

by たかじー(@taka_g_gzm)

津嘉山酒造について

沖縄本島北部、
名護市の中心地近くに
津嘉山酒造はある。

津嘉山酒造の概要

国頭郡名護町(現在の名護市)で創業。
現存する赤瓦の木造建築としては、
最大規模といわれ、国の重要文化財に。

泡盛のつくられる量は少なく
沖縄でもっとも少ない生産量という話も。

酒造所名 合資会社津嘉山酒造所
住所 沖縄県名護市大中1-14-6
創業年 1924年
関連ページ 公式サイト
主要銘柄 國華
見学

津嘉山酒造へのアクセス情報

58号線を北上し、
名護市役所からも近いところに
津嘉山酒造所はある。

泡盛の銘柄

龍泉酒造でつくられる泡盛は、

・國華
・六諭

國華自体も流通量は少ないが、
六諭に関しては、
酒造所限定販売となっている。

國華30度一升瓶(1,800ml)

一本一本ていねいにつくられる
伝統の味を大切にした琉球泡盛。

國華の由来
操業当時名護以北には酒造所がなく、また名護は緋寒さくらの名所であることから、
国頭の泡盛の華としたい意味を込め定めました。

名護が桜の名所になったのはどうやら戦後のようです。
銘柄名と桜は関係なさそうです。

津嘉山酒造所

その名の由来からも
つくり手の思いが伝わってくる。

ラベルなどのデザイン

國華一升瓶

國華30度の一升瓶。

國華のラベル

ラベルの文字に
昔の雰囲気を感じさせられる。

國華のラベル

瓶のうえにあるものも
統一されたラベル。

商品名 國華
度数 30度
内容量 1,800ml
原材料 米こうじ(タイ産米)

國華はどんな味?

國華の味

まろやかなな口当たりと、
ほのかな甘さのある琉球泡盛。
クセがなく飲みやすい。

飲み方については、
ロック、ストレートがおすすめ。
水割りだとスルスル飲める。

おわりに

津嘉山酒造の琉球泡盛「國華30度」。
歴史ある酒造所でつくられる泡盛は、
伝統の味を大切にしたお酒になっている。

クセのない琉球泡盛は、
いろんなひとに受け入れられるかな。

那覇で泡盛買うなら
イオンリカーがおすすめ。
毎回自分も購入させてもらっている。
試飲できるのではじめての銘柄でも
安心して購入することができるよ。

関連記事:泡盛全メーカーを揃えるイオン那覇店「AEON LIQUOR」に行ったら試飲もできて最高だった

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!