副菜

お酒の飲み始めに!ちょっと大人なマカロニサラダの作り方・レシピを紹介

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

今回は「ちょっと大人なマカロニサラダ」のレシピ紹介。

副菜として作り置きしておくと便利な料理のひとつですね。

ちょっと大人と言いながらも、うちの子供も大好きなので、小さい子でも好きな子は好きなのかも。

料理の副菜として、お酒のあてとして、弁当の一品として、幅広く活躍できる料理です。

ちなみに、マカロニといいつつ今回はフジッリを使っていますが、そこらへんは気にせずに。

えりちゃん

これと焼酎でいける!

たかじー

マスタードとコショウ効かせとるけんね

マスタードとコショウが効いたちょっと大人なマカロニサラダのレシピ

材料紹介

材料(2人前)
  • マカロニ 100g
  • きゅうり 1本
  • たまねぎ 1/4個
  • にんじん 1/4本
  • 塩 2つまみ
  • マヨネーズ 大さじ5
  • オリーブオイル 小さじ2
  • 味の素 4振り
  • マスタード 小さじ1
  • こしょう お好みで

最初にも書きましたが、今回はフジッリを使っています。

正直マカロニでなくても、サラスパでもいいですし、そこらへんは自由にいきましょう。

ちょっと大人なマカロニサラダの作り方

このレシピのポイントは、

  1. 野菜の水気はしっかりときる
  2. マスタードとコショウは味見しながら調整

それでは作っていきましょう!

まずはきゅうり・にんじん・玉ねぎをスライサーをつかって薄く切っていきます。

包丁で作ってもいいのですが、圧倒的に楽できれいなのでスライサーがいいですよ。

野菜に塩2つまみかけたら、軽く揉んでください。

たかじー

軽く混ぜるくらいの感じでOK

5分ほどしたら野菜を絞って水気を切ってください。

キッチンペーパーなど使ってしっかりと水分取ったほうがおすすめかな。

マカロニの方を袋に記載さてている時間通りに茹でていきます。

茹で上がったらザルなどで水気を切って、そのまま野菜が入ったボウルに入れていきます。

マカロニが熱いうちにマヨネーズとオリーブオイルをいれ、手早く混ぜてください。

素早く混ぜ合わせたらしっかりと具材に絡んでくれます。

最後にマスタード、こしょう、味の素をいれてざっくと混ぜ合わせていきましょう。

マスタードとコショウはお好みにあわせて、味見しながら量を加減してください。

たかじー

味がボケるようであれば、塩で調整してね

少しピリッとしたお酒にあう大人のマカロニサラダ

お皿に盛り付けると彩りのバランスもよくていいですね。

マスタードとコショウでちょっとパンチのあるマカロニサラダ。

オリーブオイルをいれることで、香りもなかなかいい感じになりますね。

お酒飲み始めの料理としておすすめの一品。

子供もパクパクと食べてくれるので、ついつい多めに作り置きしてしまいます。

マスタードでなく辛子を使うのもいい
オリーブオイルの代わりにバターも美味しいかも

まとめ

「ちょっと大人なマカロニサラダ」のレシピ紹介いかがでしたでしょうか。

作り置きの副菜として、こういうの冷蔵庫にあると楽なんですよねー。

えりちゃんの晩酌の一品として、子供のご飯のおかずとして活躍中です。

よろしければレシピ参考にしていただけると嬉しいです。

たかじー

副菜の作り置きシリーズも紹介していくよ

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!