メイン

ごはんがすすむ!シビ辛な「麻婆茄子」のレシピ・作り方を紹介

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm)です!

今回は辛シビな「麻婆茄子」のレシピをご紹介。

麻婆豆腐は定期的に食べたくなるので作ったりするのですが、今回奥武島でナスが安くて購入できたのでチャレンジ!

たっぷりナスのトロっとした食感に辛シビな麻婆がよくあって、ご飯がすすみまくるおかずですね。

ご飯がすすむということは、もちろんお酒もすすみますよ!

えりちゃん

これはうまい!

たかじー

ご飯食べすぎ注意なおかずやったな

辛味と痺れの効いた麻婆茄子のレシピ

材料紹介

材料(3〜4人前)
  • なす 3本
  • 豚ひき肉 300g
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • 甜麺醤 大さじ2
  • 料理酒 大さじ2
  • 醤油 小さじ1
  • 豆板醤 大さじ1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • 山椒 適量

普段は一般家庭にある材料でレシピ紹介しますが、今回は麻婆茄子なんでね。中華系の調味料が入っちゃっています。

甜麺醤や豆板醤は、炒めものなんかでも使えますし、保存期間もある程度長いので、買っても使わないってことはないのかな?なんて。

辛シビ!麻婆茄子のレシピ・作り方

このレシピのポイントは、

  1. ひき肉をしっかりと焦げ目つくまで炒める
  2. 豆板醤を炒めて辛味と香りをたたせる

それでは作っていきましょう!

中華なので鉄鍋使っていますが、普通のフライパンで調理しても大丈夫ですよ。

中火で合挽きのひき肉を炒めていきます。

ここで、ひき肉にしっかりと焼き目がつくまで炒めてください。

たかじー

しっかりと焼くことで旨みや香ばしさがでるって料理人から聞いたからさ

ひき肉をしっかりと炒めたら甜麺醤を入れてしっかりと混ぜながら軽く炒めます。

味噌が全体的に絡んで、まとまりがでてきたら、肉味噌の完成です。

肉味噌ができたら、一旦別皿などにいれておいてください。

たかじー

フライパン2つでつくるなら別に移す必要はないかもね

次は茄子を炒めていきますよ。気持ち油多めのほうが、茄子が美味しくなります。

茄子の水分がでてしっとりとしたら、こちらも別皿に移してください。

それでは、最後の調理ですね。油を引いて、にんにく・しょうがと豆板醤をじっくりと炒めていきます。

辛いのが好きな方はここで一味も入れていきましょう。

今回はうちの子供も食べるので辛くはしません。

しっかりと香りと辛味をたたせていくのが重要です。

感覚的になっちゃいますが、立ち上る空気が辛くなっていくんですよね。

しっかりと炒めたら、スープをいれて沸騰させましょう。

沸騰したら肉味噌と茄子をいれて、少し混ぜていきます。

両方とも火がはいっていますし、軽くなじませていく程度で。

最後に水溶き片栗粉でとろみを付けたら完成です。

失敗しないように少しづつ入れていきましょう。

ごはんが止まらない「麻婆茄子」

お皿に盛り付けて、お好みで山椒と糸切り唐辛子をのせていただきます。

熱々の麻婆茄子はハフハフしながら食べると、ほどよい辛味にしびれがきて、一緒にごはんを食べるしかない。

でも、自分たちはこちらでお酒をごくごくと流し込んでいきました^^

子供には唐辛子と山椒はなしで出しましたが、美味しかったようでモリモリと食べてくれましたよ。

ラー油やニラ・ネギなんかもお好みで入れたりするといいかな

まとめ

辛シビな「麻婆茄子」のレシピいかがでしたでしょうか。

普段なかなか食べる機会も多くはないですが、改めて美味しい料理だなと思いました。

麻婆豆腐だけでなく、麻婆茄子を家庭で作ってみるのおすすめです。

ちなみに、肉味噌はたくさん作っておいたら、それだけでご飯のおかずにもなりますし、万能ですよ。

えりちゃん

メインじゃなくても、ちょっとした1品でもいいよね

たかじー

わかるわ〜

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴10年目の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!