龍泉酒造の琉球泡盛「龍泉ブルー30度」を紹介!!

龍泉ラベル 琉球泡盛

昔ながらの風味に
こだわりをもつ龍泉酒造。

今回は「龍泉ブルー30度」を紹介するよ。

龍泉酒造の
麹へのこだわりを知れた。
調べるといろいろわかっておもしろい。

ちなみに、今回紹介する龍泉ブルーは、
一升瓶なので、瓶はブルーじゃないけどね。

by たかじー(@takag_caelum)

スポンサーリンク

龍泉酒造について

沖縄本島北部、名護市の
緑豊かな多野岳のふもとに
龍泉酒造はある。

龍泉酒造の概要

1939年に羽地酒造所として設立。
1975年に龍泉酒造へと改名された。

伝統の製法をまもり、
力強い泡盛づくりをしている。

酒造所名 株式会社龍泉酒造
住所 沖縄県名護市字仲尾次222番地
創業年 1939年
関連ページ 公式サイト
Facebookページ
主要銘柄 ・龍泉
など
見学 電話にてお問い合わせ

龍泉酒造へのアクセス情報

那覇から58号線でむかっていくと、
屋我地島の手前あたりに酒造所はある。
ちなみに、屋我地島の先は古宇利島。
観光地として有名なスポット。

泡盛の銘柄

龍泉酒造でつくられる泡盛は、

・龍泉ブルー
・龍泉3年古酒
・龍泉ゴールド

など

泡盛については、
龍泉ブランドでほぼ統一されている。

ほかには、シークヮーサーのお酒や
ハブ酒などもつくられている。

スポンサーリンク

龍泉30度一升瓶(1,800ml)

いい麹をつくり、
いいもろみを育てることで、
いい泡盛が生まれる
という信念がある。

そのため、下記のように
麹のつくりかたにこだわりがある。

通常より時間をかけ黒麹菌をしっかり米につかせて製麹(せいきく)させることにより、風味の高い古酒向きの深い味わいを生み出す麹が出来ます。
もろみ・蒸留の工程を経た古酒用の原酒は静かに熟成し、その時を待ちます。
香り高く味わい深い龍泉の泡盛が華開くその時まで・・・

龍泉酒造

この麹を「老麹(ひねこうじ)」という。

龍泉の一升瓶
商品名 龍泉
度数 30度
内容量 1,800ml
原材料 米こうじ(タイ産米)

ラベルなどのデザイン

龍泉ラベル

龍泉ブルーの一升瓶。
4合瓶などは瓶の色がブルーやけど、
一升瓶だと普通の茶色やね。

龍のデザイン

もちろん、龍のデザインもあるよ。

筆系のフォント

この柄はなんだろうか。
でも、龍という雰囲気はあるか。

キャップにも

キャップはシンプルに龍泉の文字。

龍泉はどんな味?

龍泉の味

力強さを感じるしっかりとした味。
ただ、荒々しくもなくすっきりとして、
すーっと飲める泡盛。

飲み方については、
基本の水割りが一番おすすめかな。

スポンサーリンク

おわりに

今回紹介させてもらったのは、
龍泉酒造の「龍泉ブルー30度」。

力強さがある琉球泡盛ながら
飲みやすさもあるため、
多くのひとに受け入れられる味かな。

那覇で泡盛買うなら
イオンリカーがおすすめ。
毎回自分も購入させてもらっている。
試飲できるのではじめての銘柄でも
安心して購入することができるよ。

関連記事:泡盛全メーカーを揃えるイオン那覇店「AEON LIQUOR」に行ったら試飲もできて最高だった

なら、またね~

コメント

  1. […] 関連記事:龍泉酒造の琉球泡盛「龍泉ブルー30度」 […]

タイトルとURLをコピーしました