資産運用のはじめは、通常の生活を守るための最低限の貯金をすること!!

お金

こんにちは、たかじー(@takag_caelum)です。

今回は家計ネタについて書きます。
連載っぽくやっていきたいと思います。

資産・負債を整理しましょうと
ブログを書いてきましたが、
今回は資産運用の第一歩について。

資産運用というと、
株、投資信託、不動産など
いろいろとあります。

が、そもそも貯金がないひとが
いきなり資産運用するのは危険ですよね。

資産運用は元本を割るリスクがあります。

自分はあくまで資産運用は
余剰資金でおこなうスタンスです。

じゃどれくらい貯金するの?
そこらへんを書いていきます。

音声配信はこちらから。
たかじーの日常ラジオ:第19話 安心して資産運用するために必要な貯金はいくら?

関連記事:家計簿ではなく、資産・負債のリストづくりを優先させるわけ
関連記事:家計の見直しポイントは負債(ローン・借金)!!負債をへらして家計のやりくりを楽にする

スポンサーリンク

生活防衛資金と資産運用資金はわける

家計簿をつける

自分の資産運用方針としては、
ローリスク・ローリターン
です。

一部ハイリスクでも運用したりしますが、
あくまでも投資については余剰資金で
最悪無くなっても気持ちが凹む程度にしています。

ただ、そのようなハイリスクな投資もできるのは
無リスク資産の現金で生活防衛資金
があるから。

明日リストラされ職を失ったとしても
しばらく働かずに生きていけるようにしています。

貯金をせずに資産だけもっていて
なにかあれば売却すればいい
という考えもあるかもしれません。

ただ、資産は複利効果で大きくなるものなので、
何かがあった場合に売却するよりも、
生活防衛資金はすぐつかえる貯金
がいいです。
金利的にはなにも得ではないですけどね。

スポンサーリンク

貯金は通常生活が遅れる6ヶ月分を目指す

貯金

生活防衛資金の目標額は
正直ひとにもよりますし、
家庭環境にもよるのであれですが、
働かずに6ヶ月生活できる金額

転職も3~6ヶ月程度といいますし、
入院の平均日数も30日程度です。

いざというときは
複利の効果がもったいないですが、
金融資産を売ればいいのです。

生活防衛資金ばかり
貯めていく必要はない
ですね。

ただし、現金は心を安定させる役割もあります。
そこを踏まえて目標額としてもらえればいいかと。

スポンサーリンク

さいごに

まずは貯金をして生活の安心感を確保。
それ以上のお金は資産運用
にまわしていく。
基本的にはこの流れではじめるのがおすすめです。

金融資産は価値が変動していきます。
余剰資金で運用していないと、
一日中気になって本業に支障きたしますよ。

この記事に興味もってもらえたら
ツイッターのフォローもお願いします。

音声配信はこちらから。
たかじーの日常ラジオ:第19話 安心して資産運用するために必要な貯金はいくら?

ならまたね~

コメント

  1. […] 関連記事:資産運用のはじめは、通常の生活を守るための最低限の貯金をすること!! […]

タイトルとURLをコピーしました