副菜

【低温調理レシピ】ささみを低温調理したら、信じられくらいふっくらしっとり食感に

好きな調味料で

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

毎週ボニークでサラダチキンを作っているのですが、ササミを低温調理してもしっとりとおいしくなるんやろうなと思ったのでチャレンジ。

真空パックしたササミを低温調理して、できあがりにお好みの調味料や薬味でいただくだけのシンプルなレシピです。

これぞ低温調理の真骨頂といえる楽しみ方ですね。ふっくらしっとりササミに感動しちゃいますよ^^

たかじー

パサつくと言われやすい部位こそ低温調理で感動する

サラダチキンのつくりかたはこちらから。

もちろん、低温調理につかうのはこちらのボニーク。

これがあればご家庭でも簡単に低温調理ができますよ。

レシピのポイント
  1. ササミの筋をとる
  2. 好きな調味料・薬味を揃える

材料

ささみ
材料
  • ササミ 1パック
  • 調味料 お好みで
  • 薬味 お好みで

ちょっと投げやり感のある材料になっていますが、ササミを低温調理して調味料を付けていただくというシンプルなレシピです。

わさび醤油やポン酢、バンバンジーぽくゴマダレなどいろんなものに合いますよ。ミックススパイスでいただくのもかなりおすすめです。

たかじー

今回はとある薬味だけでいただいたばい

しっとりササミの作り方

筋

まずはここにある筋を取ります。これが残っていると、出来上がり時に食感が悪くなりますからね。

筋を取る

包丁で筋を取りますが、わからないというかたは下記の動画など参考にしてみてください。

ジップロックにいれる

ササミをなるべく重ならないようにフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて真空密封します。

重ねて詰めてしまうと、出来上がりにバラツキがでてきますので注意してください。

ボニーク

ボニーク(低温調理器具)の温度と時間を設定して、低温調理していきます。

  • 温度:60℃
  • 時間:1時間

サラダチキンよりは温度を下げてスタート。あとはタイマーが鳴るまで放置です。

低温調理のすごいところは再現性が高いところ。どなたでも放置するだけで、ほとんど同じ仕上がりになりますもんね。

低温調理

1時間後タイマーが鳴ったら、ボニークのスイッチを切り、ササミを取り出します。

冷製の副菜として食べたいので、直後に氷水に入れて熱を取っていきます。そのあと、余分な水分を拭いて冷蔵庫で保存。

ササミのおいしさを存分に味わう

好きな調味料で

冷蔵庫から取り出し、お好きなサイズにササミをカットしてお皿に盛り付けます。今回調味料として選んだのは、「辛くて生姜ねぇ!!」です。

辛くて生姜ねえ

福島県にある吾妻食品という会社さんの製品で、友達からお土産にもらって以降、家族で激ハマり中です。

今回のような利用以外にも、鍋のポン酢に薬味として利用したり、ご飯にそのまま乗せて食べたりと色々楽しめます。おすすでですよ。

えりちゃん

鍋のポン酢にビビるくらい合うよ

辛くて生姜ねえ

薬味話になりましたが、ササミのほうに話しを戻しまして。この断面見てみてください。

しっとり

みずみずしさが伝わってきませんか。ササミなんてパサつくお肉代表格だと思うんですが、ふっくらしっとりとした食感。

お肉の旨味を存分に味わえるので、味付けはシンプルなものがおすすめですね。きゅうりと合わせて棒々鶏にするのもいいよ。

たかじー

鶏むねと似て非なるもの。ササミもおいしい

鶏肉は全般低温調理で魅力が上がってくるんじゃなかろうか。そのなかでもイチオシは鶏レバーですけどね。

まとめ

ササミを低温調理して調味料でシンプルにいただくだけのレシピ。ポイントは、

レシピのポイント
  1. ササミの筋をとる
  2. 好きな調味料・薬味を揃える

変な舌触りを感じないように筋を取るだけですね。自身のお好みの調味料で味付けして楽しんでみてください。

筋を取ってフリーザーバッグにいれて空気を抜いて真空密封。それを低温調理するだけなので、調理という調理がなくこの旨さ。低温調理のすごさですね。

たかじー

高タンパク低脂質でうまいのは最強

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴8年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!