メイン

子供も大好き!ジューシーな餃子の基本的な作り方・レシピを紹介

いい焼き加減

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

今回は、うちの子供も大好きな基本の餃子のレシピを紹介します。

餡などは自由に作っていいと思っていますが、調理で抑えてほしいポイントは2つ。

  1. 餃子の餡は手と使わずにこねる
  2. 弱火でじっくりと、最後に強火でこんがりと

こちらは参考にして焼いてみて欲しいですね。

アレンジは無限大なので、みんなで餃子を楽しんでいきましょ。

えりちゃん

餃子はいいよ、うん。

たかじー

これは一人で全部食べれてしまうわ

みんな大好きシンプルな基本の餃子レシピ

材料紹介

材料(3〜4人前)
  • 豚ひき肉 300g
  • キャベツ 300g
  • ニラ 50g
  • にんにく 大さじ1
  • しょうが 大さじ1
  • 塩(肉用) 0.8%(約2.5g)
  • 塩(その他用) 0.8%(約3g)
  • 胡椒 少々
  • 醤油 小さじ2
  • 味の素 小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 市販の餃子の皮 約30枚

塩は肉の重量に対してと、その他の材料の重量に対してそれぞれ0.8%ずつ使います。

この塩分量が素材から水分を出さずに旨味を増す量
(聞いた話なのでデータはなし)

たかじー

ごま油の代わりに牛脂やラードをいれると、力強いタイプになるよ。

餃子の餡の作り方

今回のレシピのポイントはひとつ。

餃子の餡は手と使わずにこねる

ということで、みょうがの千切り方法について、少し説明しながらレッツクッキング。

ひき肉に塩

ボウルにひき肉と、0.8%の塩を入れてこねていきます。

棒でつく

この時、手ではなくすりこぎを使い、叩くように潰してください。

体温で肉に熱が入らないようにするため

混ぜる

野菜に塩をかけて混ぜ合わせたら、肉とこねていきます。

ヘラなどでまずは混ぜてから、最後に手で手早くこねていきますよ。

たかじー

野菜カットなどを撮り忘れた^^;

ちなみに、ひき肉料理の調理ポイントは、ほぼ同じですね。

ハンバーグのときもそうです。

餃子の包み方・焼き方を紹介

焼き方も色々とあるんですけど、

弱火でじっくりと、最後に強火でこんがりと

家のフライパンならこれが一番かなと思っています。

ぎょうざの皮

今回はもち粉入りのぎょうざの皮を使います。

普通の皮でも厚さが違ったり、米粉使ったものがあったりと、ここは好みを探すのも楽しいですよ。

たかじー

米粉が好きやけど、包みにくいんよな

餃子を包む

自分の餃子の包み方の紹介ですが、皮の周りを濡らし、真ん中に餡をいれます。

真ん中を閉じる

真ん中をピタッと止めます。

両端を折りたたむ

右左をそれぞれ折りたたんで包みます。

包み終わり

画像のようなお手軽な包み方。

面倒であれば、半分に折りたたむだけで全然いいと思いますよ。

たかじー

家で包むなら正直ヒダとかどうでもいいよね

フライパンに並べる

フライパンに油と水(40〜50cc)をひいいて、餃子を並べていきます。

並べ方も自由ですが、フライパンだと画像のような形が一番大きく入れられます。

蓋をして弱火でじっくり10分程度焼いていきます。

焼き目をつける

蓋をとったら強めの中火にして焼き目をつけていきます。

30秒くらいですが、ここは端の餃子の焼き加減を見ながら、焼いていきましょう。

焼き目はつけるけど、焦がさないように

さっぱりなみょうがとしらすが絶妙なコラボ

いい焼き加減

お皿に盛り付けていただきましょう。

少しだけ焦がしてしまいましたが^^; まあ許容範囲でしょう。

パリッとした表面

パリッとした焼き目が、餃子にはほしいですよね。

いただきます

自分はポン酢で餃子をいただくのが好きです。

柚子胡椒をつけるのは、福岡県民としての食べ方ですね。

パリッとした皮に、もち粉入りなので、ぷるもちとした食感がたまりません。

肉もジューシーなのに、野菜たっぷりであっさりといただけますよ。

えりちゃん

たかじーの餃子はいくらでも食べられる

このポン酢が好きなのに、もう販売されていないっぽい(T_T)

餃子にみょうが

そして、たまたま同日つくたリュウジさんの「無限みょうが」を乗せて食べたら、これがまたよく合う。

夏場にはぴったりのさわやか餃子になりました。

これもおすすめの食べ方ですね。

えりちゃん

この時期にぴったりな餃子との組み合わせ

たかじー

みょうがと餃子って合うんやねえ

ごま油でなく、牛脂・ラードでコクのある餡にするのもいい。
キャベツの代わりに、白菜や玉ねぎを入れるのもおすすめ。

まとめ

我が家の基本餃子のレシピいかがでしたでしょうか。

ポイントをおさらいすると、

  1. 餃子の餡は手と使わずにこねる
  2. 弱火でじっくりと、最後に強火でこんがりと

大したポイントではないんですけどね。

塩加減には注意するようにしていますよ。

白菜使ったり、しいたけ入れたり、餃子は自由に作るのが楽しいので、色々と試してみてください。

あ、食べたことない方は、一度柚子胡椒つけてみてね。

えりちゃん

今度はエビ餃子も食べたい

たかじー

気が向いたときにでも…

先日作ったローストビーフもかなりおすすめのレシピ。

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!