麺類

新定番!?バズレシピのリュウジさんが作る「冷やしナポリタン」を試してみた

冷やしナポリタン

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

夏になると冷たい麺類食べることが多くなりますよね。

今回のレシピは、ちょっと変化球の冷製パスタを紹介です。

ちょこちょこ参考にしている、リュウジさんの「冷やしナポリタン」

日本人にはもっとも馴染みがある、パスタメニューのナポリタンを冷やす…だと??

味の想像がきるようなできないような。ってことで早速作ってみましたよ。

結果、夏に食べたい冷製パスタの新定番入りとなりましたw

たかじー

コクがあるのに、さらりと食べられる不思議ナポリタン

パスタを氷水で〆て、冷たくいただくナポリタン

材料紹介

材料(1〜2人前)
  • ケチャップ 大さじ3
  • ウスターソース 小さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1
  • コンソメ 少々
  • 黒胡椒 少々
  • パスタ 100g
  • ピーマン 1個
  • パプリカ ピーマンと同量程度
  • 玉ねぎ ピーマンと同量程度

リュウジさんのレシピを参考にしていますが、微妙に内容が違います。

本家のレシピを作りたいかたは、You Tubeの動画みてね。

今回のレシピのYou Tube動画は、かなり酔っ払いのリュウジさんでかなりおもしろい。

たかじー

今回のレシピはかなり簡単で、お手軽なパスタ料理やったよ

冷やしナポリタンの作り方

今回のレシピのポイントを3つ

  1. 麺は2分長めに茹でる
  2. 氷水でしっかりと麺を締める
  3. 麺の水気をしっかりと切る

それでは、実際に作っていきましょう。

野菜は薄く切る

冷製パスタのときは、野菜を少し薄めにスライスしておくほうが好き。

ここは好みと、使用するパスタの太さによって、変わるかもですね。

ソース

調味料をボウルにいれて混ぜておきます。

パスタを混ぜ合わせられるサイズのボウルで

長めに茹でる

お湯を沸かし麺を茹でていきます。

氷水で締めるので、2分眺めに茹でる

野菜を投入

湯で時間残り1分前くらいになったら、スライスした野菜を入れて一緒に茹でます。

食感も残したいですし、短めの時間で行きます。

たかじー

生で食べられる野菜やけん、茹でないという調理もありかもね

ソースと混ぜ合わせる

麺と野菜を氷水で締めたあと、しっかりと水気を切って、ボウルに入れます。

水気を切らないと、味がぼやけることになる

ソースとしっかりと絡ませたら完成です。

たかじー

冷製パスタは、麺の水気をしっかり切らないと不味くなる

コクがあるのに、さっぱりと食べられる「冷やしナポリタン」

冷やしナポリタン

お皿に盛り付けたら、仕上げに粉チーズを振りかけてみました。

さっぱり感が薄れるので、ここはそのときの気分やお好みで。

冷やしナポリタン

ケチャップとウスターソースと、基本的なナポリタンの味ではある。

けど、冷たいのでさらりと食べ進めることができます!

なんか表現があれですけど、ほんと不思議な感覚ですね。

ナポリタン的なコクがあるのに、さらりと食べられるタイプのパスタ。

えりちゃん

これはかなり美味しい!

たかじー

フレッシュな野菜乗せてもよさそうよね

ミニトマトやフレッシュなハーブを乗せると、さらに軽やかに食べられますよ。

軽くレモンをかけても美味しいと思います。

まとめ

リュウジさんのレシピを参考にした「冷やしナポリタン」いかがでしたでしょうか。

ポイントをおさらいすると、

  1. 麺は2分長めに茹でる
  2. 氷水でしっかりと麺を締める
  3. 麺の水気をしっかりと切る

普通のパスタを作るよりも、かなり簡単に作れますので、時短レシピとしてもおすすめです。

弁当の副菜的に入れても、かなりうれしい一品ですね。

冷製パスタの新定番「冷やしナポリタン」を、ぜひ一度作ってみてください。

えりちゃん

これはまた食べたいね

たかじー

今度はよりさっぱり目にしてみよか

ちなみに、バズレシピとして、本を何冊も出しているリュウジさんですが、どれか1冊となったら、自分はこれをおすすめしています。

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!