スパイスカレー

大阪スパイスカレー旧ヤム邸のレシピでつくる「牛蒡の鶏キーマ」はさわやかな香りが特徴!!

旧ヤム邸のカレーレシピを真似て作る牛蒡の鶏キーマ

こんにちは、たかじー(@taka_g_gzm)です。

大阪スパイスカレーはお好きですか?

自分がはじめて食べたのは旧ヤム鐵道さんなんですが、
ほんとうに好みで、どんな風に作っているのか試行錯誤していたときに、
スパイスカレー教室のレシピがネットに公開されているのを知りました。

今回はそのレシピを参考にしつつ
大阪スパイスカレーづくり初挑戦!!

早速つくってみましょう。

まずは旧ヤム鐵道の紹介

偶然食べたことで知った大阪スパイスカレー。
独自の文化が発達していて色んな店舗がありますね。

どちらかと言うとスリランカカレーをベースとして進化していっているようです。

トリプルカレー

旧ヤム鐵道は月替りの4種類のカレーを単品〜4種盛りで楽しめます。
一口ずつかけ合わせながら食べていくのが楽しくて、
奥にあるヤムカレーも入れると最後までわくわくしながら食べ切れます。

そんな旧ヤム邸のオーナー植竹大介さんの
料理教室イベントレポートとしてレシピが掲載さたのがこちらです。

旧ヤム邸に習う 第1回スパイスカレー教室のレシピ|eoグルメ

こちらのレシピを参考にしながら
今回は秋牛蒡の鶏キーマをつくってみます。

秋牛蒡の鶏キーマの材料

今回の材料

■材料(4人前)
〜はじめの香り〜
油 75cc
マスタードシード(ブラウン) 小さじ1
ローレル 2枚
クミンシード1.5g
クローブ 3個
カルダモン 3個
赤唐辛子 2本

〜ベースの食材〜
玉葱 1/2個
セロリ 100g
ニンニクの芽 1束
生姜 10g
ニンニク 10g
プチトマト 4個
トマト缶 100g
ヨーグルト 200g

〜中心の香り〜
ターメリック 3g
コリアンダー 15g
クローブパウダー 4g
クミンパウダー 5g
カルダモン 2.5g
シナモン ひとつまみ
チリペッパー 小さじ1
塩 小さじ1と1/2
醤油 小さじ1
ケチャップ 大さじ1

〜具材の炒め、煮る〜
鶏ミンチ 300g
牛蒡 50g
水 150cc

調理時間40分(煮込み時間入れて)

まずは下ごしらえから始めましょう

今回は具材も多いので
いつもより下ごしらえに少し時間がかかりますね。

あと、スパイスの分量がg単位だったので
何気にこれに時間がかかって
しまいました。

  • 玉ねぎを粗みじん切り
  • セロリは筋を取り粗みじん切り
  • にんにくの芽を粗みじん切り
  • ごぼうを太めのささがき
  • プチトマトを4等分
  • 各種分量通りに分けておく

お楽しみの旧ヤム邸のカレー作り開始です

油にはじめの香りをつけていきます

テンパリングですね。
スタータースパイスと呼ばれる
はじめの香りの材料を一気に油へ投入。

油の量は結構多めですが、気にせず進めていきましょう。

テンパリング

クミンシードもですが何よりマスタードシードが
跳ねるのでフタをして強火にしましょう。

蓋をして

パチパチと音がなったら一旦火を止めて
音が止むまで待ちます。

こんな感じに弾けます

飴色玉ねぎを作っていきます(軽めにね)

レポートを見るとそんなに玉ねぎに
色を付けていないのかなと思うのですが、
今回はある程度色が付く程度に玉ねぎにしてみます。

フライパンに玉ねぎ、塩小さじ1/2を入れ強火でフタをして2分放置。

塩を入れて玉ねぎを炒める

三分後にさし水を入れてまたフタをして2分放置。

差し水して均等に火を通す

玉ねぎに透明感が出てきていますね。
にんにくとしょうがを入れます。

にんにくと生姜を入れる

玉ねぎが全体的に茶系に色付いてきたら
セロリとにんにくの芽を入れて炒めます。

セロリとにんにくの芽を入れる

セロリとにんにくの芽が鮮やかな色になってきたので
次へ進めてみましょう。

ある程度火を通す

トマトの水分を飛ばし旨みを凝縮

トマト缶とプチトマトを入れます。
ヘラで形を崩しながら火を通していきます。

トマトを入れる

形もほぼなくなり水分もしっかりと飛ばせたらOKかな。

トマトの水分を飛ばす

ヨーグルトを入れます。
そのままフライパンに入れちゃいましたが、
しっかりと混ぜた後に入れた方がよさそうでした。

今回はフライパンに入れてからしっかりと混ぜています。

ヨーグルトを入れる

レポートには油と分離するまでと記載があったのですが、
正直どの程度かわからなかったのである程度油が浮いてきたら大丈夫なのかな。

油と分離するまで

お楽しみのスパイス投入

今回のレシピで一番感じたのはここなのです。
トータルのスパイスの量がいつも自分が作るものの倍くらいだったんです。
正直どきどきしながら勢い良くいれます。

このタイミングで弱火に。

スパイスを入れる

粉っぽさがなくなるまで炒めますが、
しっかりとまとまりのあるカレーの素ではなく、
結構さらっとめのカレーの素ができましたね。

粉っぽさがなくなるまで混ぜる

メインの具を入れて仕上げていきますよ

さて、鶏挽き肉とごぼう入れます。
カレーの素と混ぜ合わせて炒めてきますよ。

中火くらいですかね。

ひき肉と牛蒡を入れる

具材とカレーの素がしっかりと混ざり合い、
ある程度火が通ってきました。
水を入れて煮込んでいきます。

カレーの素と混ぜ合わせ

沸騰するまで強火で、
その後弱火にして10分程度煮込み
ます。
塩、しょうゆ、ケチャップを入れて味を整えます。

水を入れて煮込む

こちらで完成です。
お皿に盛り付けていただきましょう。

出来上がり

牛蒡の鶏キーマをいただきます!!

食べる前からがっつりとカルダモンをメインにスパイスの香りが飛び込んできますね
一口食べてみると「あ〜、わかるわかる」という感じです。

このさっぱりと爽やかに仕上がった香りと味に
具材の食感がアクセント
となりたまりませんね。

ピクルスなど仕上げに副菜など乗せると
さらにいいかんじになりそうです。

かなりスパイスの量入れていますが、
くどくないのが不思議。
大阪スパイスカレー奥が深いですな。

この記事に興味もってもらえたら
ツイッターのフォローもお願いします。

ならまたね~

関連記事:コロンビア8に習う「スパイス香る豚の和風ドライカレー」を参考に作ってみました

▼ Instagram投稿

 

TAKA-Gさん(@irodori79)がシェアした投稿

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!