琉球泡盛

やんばる酒造の琉球泡盛「まる田30度」を紹介!!

今回は沖縄本島最北端にある
やんばる酒造株式会社の
「まる田30度」を紹介。

こちらの酒造所は以前まで
田嘉里酒造所という会社だったが、
2017年にやんばる酒造株式会社となった。

水がおいしいといわれる
大宜味村田嘉里の天然水をつかった
泡盛はどんな感じなんでしょうか。

by たかじー(@taka_g_gzm)

やんばる酒造株式会社

酒造は沖縄の北部大宜味村にある。
力強い緑が多い土地という印象。

やんばる酒造概要

1950年に田嘉里酒造所として創業。
地元の精米所を利用してのはじまりだった。

伝統の製法に、
やんばるの湧き水で酒を仕込む
創業当初の味わいを守っている。

年間の生産量が少ないため、
出来上がった泡盛のほとんどは
地元で飲まれてしまうほど。

2017年にはやんばる酒造株式会社となった。

酒造所名 やんばる酒造株式会社(旧田嘉里酒造所)
住所 沖縄県国頭郡大宜味村字田嘉里417番地
創業年 1950年
関連ページ 公式サイト
主要銘柄 ・まる田
・やんばるくいな
・ぶながや
・芭蕉布の里
見学 可(要予約)

やんばる酒造へのアクセス情報

沖縄自動車道をつかっても
那覇から2時間弱くらいかかる。
那覇市民からはちょっとした
旅行などで行くことが多いのが北部。

やんばるってどんなとこ?

沖縄県沖縄本島北部で
力強い森林や小高い山など
自然が多く残っているエリア。

明確な範囲はなく
名護市以北ということらしいが、
個人的には大宜味村、東村、国頭村が
やんばるってイメージではある。

ちなみに、今年の夏に行った
ペンション与那覇岳もやんばる。
下記ブログに画像があるので、
やんばるの雰囲気がわかるかもしれない。

関連記事:沖縄北部「ペンション与那覇岳」からみた満天の星空は、忘れられないほどのきれいさだった

泡盛の銘柄

やんばる酒造でつくられる泡盛は、

・まる田
・やんばるくいな
・ぶながや
・芭蕉布の里

など

「まる田」が一番有名な泡盛かな。
といことで、まる田の紹介するよ。

まる田30度一升瓶(1,800ml)

まる田の30度一升瓶。

ラベルデザインはお米がメイン。
○に田ってのもかわいいロゴ。

やんばる酒造になっているね。

瓶のフタには琉球泡盛まる田の文字。
なんかほのぼのしていて好きやな。

商品名 まる田
度数 30度
内容量 1,800ml
原材料 米こうじ(タイ産米)

名前の由来

もともと名前のついていない泡盛に、仕込水の湧き出る地
『田嘉里』の頭文字をとり丸の中に田入れた記号をつけた所、
そのまま『まるた』という愛称で創業当初より親しまれてきました。

やんばる酒造株式会社

酒造所があった田嘉里の地名から
この泡盛の名称は決まったんやね。

まる田はどんな味?

まるたをいただく

すっきりさわやかな味わい。
泡盛のクセ感があまり感じられないね。
少し甘みもあり、女性とか好きそうな気がする。

ロックやストレートでゆっくり飲むのもありやね。
炭酸でごくごくいくのもおすすめ。

おわりに

今回紹介させてもらったのは、
やんばる酒造の「まる田」。

沖縄本島最北の酒造所で、
地元で愛されている泡盛。

飲みやすい泡盛なので、
はじめてのかたにも
おすすめしやすい。

那覇で泡盛買うなら
イオンリカーがおすすめ。
毎回自分も購入させてもらっている。
試飲できるのではじめての銘柄でも
安心して購入することができるよ。

関連記事:泡盛全メーカーを揃えるイオン那覇店「AEON LIQUOR」に行ったら試飲もできて最高だった

なら、またね~

▼ Instagram投稿

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!