レシピ

【低温調理レシピ】お酒によく合う!「豚ハツの刺し身」作り方・レシピを紹介

豚ハツの低温調理

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

本日紹介するレシピは、低温調理でつくる「豚ハツの刺し身」。

豚ハツの塊肉を売っているところ見つけ、完全にハマったえりちゃん。

えりちゃん

マジで5キロくらい食べられるわ

というわけで、酒飲みは大好きな今回の料理。

ぜひ、お酒とともにお楽しみください。

たかじー

家庭で作れるのは本当に感動やわ

もちろん、低温調理につかうのはこちらのボニーク。

これがあればご家庭でも簡単に低温調理ができますよ。

レシピのポイント
  1. ボニークするだけ
  2. 好きな調味料・薬味を揃える

材料

豚ハツ
材料
  • 豚ハツ お好み量
  • 調味料 お好みで
  • 薬味 お好みで

ちょっと投げやり感のある材料になっていますが、豚ハツを低温調理して調味料を付けていただくというシンプルなレシピです。

にんにくやしょうがをたっぷり乗せて醤油でいただくのがおすすめです。

こだわりで塩やミックススパイスで楽しむのもあり。

えりちゃん

にんにく・しょうがダブルでいくよね

たかじー

とにかく薬味たくさんがよかよ

しっとりササミの作り方

ボニークスタート

ボニーク(低温調理器具)の温度と時間を設定して、低温調理していきます。

  • 温度:60℃
  • 時間:1時間

大きさにもよるので、低温調理 加熱時間基準表を参考に調整してくださいね。

豚の内臓系は正直難しいので、新鮮なもので調理してください。

真空にする

さて、調理自体は非常に簡単ですね。

設定温度になったら、フリーザーバックにいれた豚ハツを沈めるだけ。

スタート

このまま放置して、あとはタイマーが鳴るまで待ちです。

低温調理のすごいところは再現性が高いところ

どなたでも放置するだけで、ほとんど同じ仕上がりになりますもんね。

1時間後タイマーが鳴ったら、ボニークのスイッチを切り、豚ハツを取り出します。

すぐに氷水に入れて、熱を取っていきます。

すぐに食べない分は、水気を拭いて、冷蔵庫へ。

まるで刺し身!豚ハツの味と香りを存分に味わう

豚ハツの低温調理

低温調理で作った料理は、断面がとにかくきれいなんですよね。

えりちゃん

たまらんくらいテンションがあがる!

ちょっと、画像が白トビしていますが、伝わりますでしょうか^^;

たかじー

もっときれいに撮りたかった

豚ハツの低温調理

豚ハツ好きにはもちろん、モツ系が好きなひとにはたまりませんね。

低温調理ならではの、絶妙な食感は豚ハツでもいい感じです。

ほどよい弾力を楽しみながら、噛みしめるたびにしっかりとした味が感じられますよ。

いろんな薬味との相性もいいので、好きな食べ方をぜひ見つけてみてください。

えりちゃん

食べすぎてしまうのが唯一の問題

たかじー

えりちゃん豚ハツ大好きやなー^^

同じ内臓系で、鶏のレバーも低温調理で絶品になりますよ。

まとめ

豚ハツの刺し身のレシピいかがでしたでしょうか。

レシピのポイント
  1. ボニークするだけ
  2. 好きな調味料・薬味を揃える

調理はボニークに任せるだけですし、下処理の必要もとくにありません。

色々紹介している低温調理レシピのなかで、トップレベルの簡単さですね。

お酒のつまみに間違いないので、ぜひお試しください。

えりちゃん

ビールと一緒に食べたら幸せすぎる

たかじー

焼酎や日本酒との相性もよかよねえ

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!