副菜

【低温調理レシピ】驚くほどしっとりとしたサラダチキン

しっとり鶏むね肉

こんにちはー、たかじー(@taka_g_gzm) です!

普段トレーニングするので、タンパク質をちゃんと取るように意識しています。

お手軽さではコンビニのサラダチキンが最強ですよね。今ではスーパーでも売っているくらいには、市民権を得たなとしみじみと感じます。

ただ、そのサラダチキン。どうしてもパサつきを感じてしまいますよね。

今回は低温調理による、極上のしっとりとしたサラダチキンのレシピを紹介していきます。

たかじー

毎週2枚をボニークでサラダチキン作っとるよ

もちろん、低温調理につかうのはこちらのボニーク。

これがあればご家庭でも簡単に低温調理ができますよ。

極上のしっとりサラダチキン

材料

皮をとったとりむね肉

材料は鶏むね肉1枚。味付けは食べるときにお好みのものでということで、材料には記載しませんが、のちほどおすすめの組み合わせ紹介します。

下ごしらえ

筋を取る

鳥の皮をとってそのまま調理してもいいです。ただ、自分はこの筋の部分を取りながら、お肉を切り分けていきます。

筋を取る

こんな感じですね。

たかじー

この筋取らなくても正直そこまで問題はないけどね

低温調理は温度と時間を設定するだけ

ジップロック

ジップロックに鶏むね肉をいれて、空気をしっかりと抜いて閉めていきます。

たかじー

使い込まれ過ぎてロゴが汚いな^^;

低温調理

我が家の低温調理器具は「ボニーク」です。こちらの温度と時間を設定して、お肉をいれます。

  • 温度:63℃
  • 時間:1時間

あとはタイマーが鳴るまで放置です。低温調理のステキなところは、勝手にマシンが最高の状態に仕上げてくれることですね。

完成

1時間後タイマーが鳴ったら、ボニークのスイッチを切り、鶏むね肉を取り出します。

このあとの工程を撮り忘れたのですが、一度氷水でしっかりと熱を取ってからいただきます。

お肉のパサつきがない感動

しっとり鶏むね肉

彩りとしてオニオンスライスを添えてみました。ピントがたまねぎにあって、サラダチキンがボケていますね汗

しっとり鶏むね肉

サラダチキンをアップでみてみると、みただけでジューシーだとわかりますね。パサつき感を一切感じさせない断面です。

繊維が壊れない

何度食べてもこのサラダチキンはおいしいです。これを一度食べるとコンビニのサラダチキンが食べられなくなりますよ。

おすすめの調味料は

  • わさび醤油
  • ごまドレッシング
  • マジックソルト(ミックススパイス)
  • オリーブオイルと塩

ほかにもありますが、ほんとうにどれつけて食べてもおいしいです。

最初は塩で素材そのものの感動を味わって、そのあとはお好みの調味料を試していく流れをおすすめします。

まとめ

今回は低温調理の定番レシピ「サラダチキン」についての紹介でした。

今まで食べたサラダチキンは何だったのだろう?ってくらいに美味しいのでおすすめです。

しかも、高タンパク低脂質なので健康にもよくてうれしい限り。

低温調理って実は自分で調理する工程が少なく、時間を有効活用できて楽なんですよね。

調理器具を購入しないといけないので、最初のハードルは高いですが、普段おうちで料理されるかたは、手に入れていて損しないです。

新しい低温調理レシピも試しつつ、楽しく料理していきますかね。

たかじー

低温調理の楽しさにどっぷり浸かり中

ブログランキング・にほんブログ村へ


レシピブログに参加中♪

なら、またね~

ABOUT ME
たかじー
沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中!